「ほっ」と。キャンペーン


能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

速い潮対策?

天気良し、海況良しなれど、潮が速すぎ(笑)
すぐに50m以上出てしまうので、回収に時間がかかる。時々良型クチブトがアタリを出すが、あまりパッとしない日だった。外浦で初めて35アップのクチブトが釣れた。あとは、小赤鯛。二倍ぐらいのつれんかな〜。もちろん磯フカセで。
チヌのアタリは無し。流石にノッコミは終了かも。

d0138246_08111446.jpg



[PR]
# by fuka109 | 2016-06-16 21:09

べた凪の外浦

久々に見たチョーベタな外浦。
潮の動きもいいが、流してもヒットしないし、エサもとられたり残ったり。
d0138246_23201981.jpg

潮が緩んでから、ポツポツと。深いタナで。
なかなか難しい日でした。
d0138246_23202007.jpg

おまけでシマダイも(笑)
d0138246_23202037.jpg

赤いのが釣りたい〜
[PR]
# by fuka109 | 2016-05-31 22:10 | ふかせ釣り

能登のノッコミも本番

d0138246_10171581.jpg

能登磯2戦目
天気、海況バッチリ。
この前はシビアにタナ釣りしたので今回は、のんびり全層で。0号環付きからスタート。
なんと開始直後から40アップ(笑)終わってみれば型は47ぐらいまでが二桁以上と、好釣果!
疲れ果てましたが大満足。
能登磯のノッコミも本番です!

d0138246_10171587.jpg


d0138246_10171660.jpg


d0138246_10171694.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2016-05-18 20:30 | ふかせ釣り

毎年の恒例・・

この時期恒例の福井方面への遠征。ここ数年は海況にめぐまれず内湾が多かったが、今年は海況も天気もばっちり。

d0138246_15593232.jpg

乗せてもらった表磯もなかなか良い雰囲気。シモリザクザクの場所なのでハリス1.5号にB環付、2ヒロ半ぐらいで開始。今日は特盛10キロ以上のコマセを持参で撒きまくる。波気はあるが潮が動かずエサ取りの活性が高い。アタリも頻繁にでるがベラやフグ。手前から沖までタナを変え探るが変化がない。3時間で場所交代の直前、2ヒロまで上げて、磯際に集中しているとチヌがヒット。シモリに注意しながら丁寧にやりとりし、無事浮かせた。タモを手にしたところでチヌが反転し、まさかのハリハズレ・・・。40以上は確実だったので意気消沈。この日はこれがスタートでこれでもかとアクシデントが連発となった。場所替わりしてからは、ひたすらコマセを磯際に撒き、磯際中心に探る。このあたりのチヌの活性はあまり高くないようで、周りも沈黙している。エサトリがさらにひどくなってきたが、あの手この手でキワキワを攻め45ぐらいがきた。今度は無事に取り込む。が続かない。1時間ぐらいしたころ、磯キワの根がかかりしそうなところまでサラシで押された。回収しようかと思ったところでウキが消えていく。乗ったが重量感のある走りでシモリ際を走る。なんとかかんとかタモ入れ。45アップの結構太ったチヌ。あと1枚追加できないかとコマセが尽きるまで粘るも、そのまま終了。バラシしもあったし、普段以上に多くのコマセも撒いたので、本当に疲れ果てたがやり切った感もあり自分的には満足できた。やはり磯釣はサイコーだ!


d0138246_16021214.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2016-05-13 22:30

2016磯 初戦


少し波気が強いが、天気もよく、2016の磯開幕には申し分なし。
d0138246_19502492.jpg

d0138246_19502571.jpg
情報では場所ムラがあり、フグパラダイスの場所もあるらしい。
ここがそうではないことを祈りながら、今日はBの環付半誘導にて。
タナはとりあえず6mぐらいから。今日は潮濁りで見えないが大きなシモリが点在する場所なので、記憶をたどって場所を決め第一投。サラシが強いがあまり潮は動いていないようだ。反応がないので回収するとさっそくハリがない!
どうやらフグパラにあたってしまったようだ。。。コマセを入れると、だんだんと大量のフグが群がるようになってきた。それも、サバカラーとかいろいろなやつらが。時折フグが釣れるが、とにかくサシエサが残らない。ハリも時々残らない。。。
コマセも7キロ以上もってきたが、開始から1時間程度、タナを変えたりコマセを入れてない遠投でも状況はそれほど変わらない。予報にない北風がなぜか強くなってきたし、海況も改善しないので早々にコマセを撒いて帰ろうかということで、撒くピッチを大幅に上げる。しばらくはコマセに大量のフグが見えていたが、コマセが残り少なくなってきたころ、サシエが残るように。
気が付くとコマセを撒いても何も見えなくなっていた。タナを5mぐらいに上げて一投目、なじむと急激にウキが消し込み、竿がしなった。
なかなか浮かず、糸も取られ走られる。そこはシモリがあるんだよなーっと思った瞬間に軽くなった。
チヌには違いないが、残念。しかし相当チヌが寄っていたようで、そこから怒涛の7連続ヒット。
途中ハリハズレとハリス切れがあり、結果として中型が4枚となった。
d0138246_19502599.jpg
もっともっと良型もヒットしていただけに反省。。
最後はコマセもサシエもなくなり開幕初戦は終了。外磯のチヌは内浦とは比較にならないくらいパワフルな引きで腕パンパン。大量のコマセ集中が功を奏したのかは不明だが、連休に向けて期待できるスタートなのか??
d0138246_19502578.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2016-04-26 21:49 | ふかせ釣り

浅場でサイズアップ?

ベターっとした暖かい日。
エサトリがひどいので、仕掛け投入場所を工夫しながら3時間半ぐらい頑張った。0号ノーガン2ヒロで。
少しサイズが上がってきたが、まだまだ小型が多く、腹も小さめ。
ノッコミはもう少しかかりそうな感じ。

d0138246_18323743.jpg

d0138246_18323770.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2016-04-07 21:30

数釣り?

ノッコミ間近のはずがなぜか小型の数釣りに?
今後に期待!
d0138246_12361836.jpg



[PR]
# by fuka109 | 2016-04-01 13:07 | ふかせ釣り

浅場

天気の良さにつられて。
杉の木から黄色のケムリが出る時期になり、のっこみも近くなってきた。
花粉症の人にはつらい時期だが、チヌ釣りには待ち遠しい季節。
この時期定番のテトラ帯は少し怖いので、超浅場へ。
二ヒロから始めたが、渋いアタリばかりなので、思い切ってタナを約2mにしてみた。
小型が中心だが、十分楽しめた。水温はまだまだ低い感じ。
今年ののっこみはどうなることやら。沖磯開幕が待ち遠しい。
d0138246_20511644.jpg



[PR]
# by fuka109 | 2016-03-07 20:31 | ふかせ釣り

やっとの初釣り

d0138246_13404012.jpg


すでに2016年も2月の中旬を過ぎたが、やっと都合と天気があって、初釣りへ。
数年ぶりに訪れたハシゴコースにビビりながら釣り場へ。
今日は地元のエキスパート師匠にアテンドいただいた。ベタスケのナイス?な海況だが、久々かつ2016年のお初なので、やる気はいっぱい!苦手の中遠投ポイントにコマセを撒いてから仕掛けつくり。今日のコマセは2キロに○○の道1袋の激安コマセ。
ウキは悩んだが、2Bの自作環つき。ハリスは何故か1.2号しかポケットになくそれを。環つきウキで2B以上だと、投入時にしっかり浮きの重さを感じてから道糸を離さないとからんで仕掛けが入らないことが多くなる。この日も何度もそうなり(笑)改めて仕掛け投入時の基本の大切さを思い出した。
d0138246_13404151.jpg



結果として、いつもの横流れも今日はそれ程ではなく、釣りやすい状況が続いたが、フグなどの餌取りをうまくかわせず。。。。。というところ。
まぐれの一枚とこの時期に記憶のない良型サバで終了。


サバはもちろん塩焼きで。とても満足!!
今回、ポイント選定からタモ入れまでお世話いただいたエキスパート師匠に、
ただただ感謝でした。

[PR]
# by fuka109 | 2016-02-20 13:39 | ふかせ釣り

新たな一年は?

昨年はさらに釣行回数が激減。
仕事やら家の用事やら多忙が続いた年だった。果たして今年はどうなることやら。

年始からずっと出張ばかりでどこにも行けそうにないので、年末の釣り納めだけ。
天気が良かったので能登島で釣り納めに出かけた年末。生命反応薄いなか、ちんたさん二枚で無事納めでした。
今年も良い年になりますように!
d0138246_12593951.jpg


d0138246_12593994.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2016-01-04 12:58

久々の釣りは内浦へ

秋の深まりとともに外浦の荒れ確率が高くなる。
なかなか休みと天候がマッチせず、外浦をあきらめ内浦へ。
少し風が強いが海にはにごりあり。水温は例年より高めの18度前後。
場所によってはエサ取りがひどいらしいのだが、ここはどうか・・・
d0138246_17253236.jpg
そこそこ水深あるところなので、どのあたりで魚がヒットするかを確認するために、まずは円錐ウキ00にG5段うちで開始。横風が時折邪魔になるが、表層下まで仕掛けを入れるとあとは道糸操作に注意を払えば何とかなりそう。
なかなかアタリが出ず、えさとりも少ない。ずっと下まで入ってベラ。
潮はほんの少しだけ右方向のようだが、表層の流れが時々速くなり、結構釣りづらい。
ここで思い切ってマイナス負荷の円錐ウキに変更+ノーガンの長ハリス。中層では中アジが時々釣れるようになった。やや遠投気味から道糸を送らず、張りながらコマセの効いていそうなポイント付近を流す。
超久々にひったくっていったのは、これまた久々の40アップ。なかなか寄ってこないのでもっと大型かと勘違いしたが、やはり秋のチヌは元気いっぱい。
d0138246_17253370.jpg
そのあともエサ取りが結構増えてきたが、コマセポイントの遠くから仕掛けを入れこんで、中層のエサ取りを避け、底付近を釣る作戦で40未満をぽつぽつ。チャリコやチンタはリリースし、チヌは持ち帰った。
おなかの中にはムギがパンパンだった。
せめてあと一回は外浦行きたいな~
d0138246_17253318.jpg






[PR]
# by fuka109 | 2015-11-22 17:23 | ふかせ釣り

2015初秋磯はエサとり高活性

d0138246_20241697.jpg

釣り自体が久々。
大量のエギンガーを外浦でも見かけるこの時期。ロケーションも海況も抜群だったがふぐと正体不明のエサとりだらけ(笑)
たまに深く入ってもチンタしか釣れず、ハリはどんどんなくなってく。
諦めて二ひろ固定でサラシからのグレ狙いに変更。35ぐらいまでが結構釣れて、少しは楽しめたかな。
釣れても釣れなくても、磯でのフカセは最高だ!!
[PR]
# by fuka109 | 2015-09-27 20:15

そろそろ夏磯

今回のフカセは朝ドラまれで有名になった外浦村近くへ。さすがに最近は人が減ったが連休の時は県外ナンバーが溢れ、交通規制されていたくらい。
d0138246_18122104.jpg

ロケーションは最高だが、オキアミを撒くとやはりハンパないエサ取り。
重めの仕掛けで開始するが、潮も緩くアタリが全くないままエサだけが取られる。少し沖は今度は何もいないようだ。
際に沢山撒いて遠投し、コマセを少し沖に入れるパターンで35ぐらいの赤鯛だ。久々に良いアタリ。その後は時々30ぐらいのグレがまじるもエサが取られたり残ったりで色々やったが難しい日だった。最後にかなり深くまで入れてみたらチヌの中型が来て終了。楽しかったが、少し物足りない気持ちで釣り場を後に。だいぶ暑くなってきた。もう一回ぐらいは行きたいなー。
d0138246_18122133.jpg

d0138246_18122193.jpg


おまけ。
下は少し前の別場所で。
d0138246_18122125.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2015-06-14 17:17

ワクワクドキドキその2

道糸を二号に交換したいと思いながら時間なく、前回同様175のままワクワクドキドキ今季2回戦。
エサ取りだらけで、生オキアミでは全く残らない。ボイルでも残らなかったり、ハリごとなかったり(笑)
潮もほとんど動かず厳しい時間が続く。
エサ取りが少し減ったタイミングでコマセを多めに入れ、中型が単発で。を繰り返すも、型がなぜか小さい。
そろそろやめようかのタイミングで、手元までの大アタリ。前回のバラシがよぎる。走るトルクが強く主導権がとれないまま、道糸が切れた。笑うしかない。
やっぱり道糸二号やったわ。ハリスは二号だったけど。残念。
d0138246_12442972.jpg

マダイとシマダイとクロダイの三種目達成(笑)シマダイ塩焼きサイコー!
[PR]
# by fuka109 | 2015-05-11 12:43

磯フカセはワクワクドキドキ

d0138246_1749827.jpg

本年初磯。
景色は最高。風波がやや強いが、まあまあの海況。
相変わらず潮が速く、00にG3を乗せてもなかなかなじまない。
アタリも出ないので作成変更。潮筋わきのよどみから潜らせて、今年初磯チヌ45ぐらい。なかなか潮が安定せず、試行錯誤しながら中型追加。
d0138246_1749135.jpg

d0138246_17491486.jpg

エサ取りも増え、ハリごとなくなることも。早くもボイルを使用。
潮が緩んだ直後に道糸がパンと張る強烈なアタリ。とりあえずオープンベイルから糸を出して竿の角度を保とうとするも走りが強すぎて追いつかない。なんとか体制を整えてやりとり。ちょっと道糸を巻いてはそれ以上に取られるを繰り返す。全く引きが弱まらず、さらに突っ込まれ、レバー解放でいなすも、ウキのはるか上で根ズレ切れ。マダイか底物の良型かな。ハリス1.5、道糸175では厳しい。。残念。その後中型追加で初磯終了。あーたのしかった。
[PR]
# by fuka109 | 2015-05-03 16:55

先日の釣行より

d0138246_19403381.jpg

d0138246_19403457.jpg

d0138246_19403760.jpg

三月に行った初釣りより。
今年はどれくらい釣りできるかな〜。
連休には磯行きたいな。。
磯マダイにも出会いたいな。。
[PR]
# by fuka109 | 2015-04-26 19:36

リベンジ

d0138246_2031456.jpg

先週の生命反応なしがあまりに寂しかったので、実績場所でリベンジ。
のつもりが、ポツポツ釣れてもチンタばかり。。かろうじて40アップて終了。
実釣時間3時間ぐらいか。
久々に、長ハリスの0cウキにノーガンでたのしめた。
[PR]
# by fuka109 | 2015-04-25 19:57

とりあえずノッコミか?

d0138246_17202138.jpg

d0138246_17202247.jpg

40アップが3〜4枚含めて二桁釣れ、
久々にたのしかった。
まだまだ水温ひくめ。
[PR]
# by fuka109 | 2015-04-12 17:16

内浦 デカアジ狙い

だいぶ釣行から時間が経ったが、例によって外浦大荒れのための回避ということで先般とは別の内浦深場へ。天気はいまいちだが、波風ともに穏やかで釣りはしやすい状況か。
d0138246_09055826.jpg
今日は2キロのオキアミに猫に破かれたグレ用配合を2袋というアンバランスなコマセ。中遠投でコマセを大量に入れてから仕掛け作り。今回はマスターモデルを持参したので腕の負担もすくなく楽しめる予定。1.75+1.2号にマイナス浮力の環付ウキでスタート。今日の本命は尺アジ(笑)ハリもグレバリ6号で。湾中央ぐらいの足場を選んで上ったのだが、下潮が湾入口に向かって結構な速さで流れいく。コマセの利き所がなかなか判明しにくい。開始から30分ぐらいは中層になにもいない感じ。ずっと底まで入れるとやっとアタリがでてベラ(笑)狙いのデカアジはタナが一定でないことが多いので、色々とやってみる。そのうちかなり深いところまで入ったところで穂先が曲がった。今日は外道のチヌ様。30強ぐらいか。
d0138246_09095420.jpg
続いて同じようなところで久々のキジハタキープサイズ!焼き物決定。あとは本命尺アジだけなのだが、時折チンタが釣れるだけで生命反応は薄い。コマセをさらにどんどんまく。今度も底付近で元気良いアタリ。チヌかと思ったら走りが早く本命の期待度アップ!口切れにビビリながらも結構な引きを交わして超慎重にタモに取り込んだのは狙い通りの尺アジ。。。お刺身決定!さらに本命追加を狙うが、チヌアタリばかり。全体的に生命反応がないが、そこそこ楽しめたのでよしとする。
d0138246_09032662.jpg
キジハタと尺アジで豪華ディナーとなった。
12月に入ってすでに大雪2回。もう外浦は無理かな。
今度釣りできるのは年末休みの釣りおさめか。


[PR]
# by fuka109 | 2014-12-21 09:10 | ふかせ釣り

内浦で久々フカセ

久々に釣りがしたくなり、能登へ。外浦は波高だったので穏やかな内浦へ。水面に映る紅葉も見ごろだ。
d0138246_20213146.jpg
状況を聞いたところ、エサとりはフグが多いとのこと。久々なのでのんびりフカセ釣りを楽しもう。コマセを多めに入れてからの一投目で穂先が曲がるアタリで30センチ未満だがチヌが釣れた。今日は外浦用に買ってあったグレ用の配合だったので、内浦の深い水深で効果があるのか疑問だったが、しっかり深めのタナで釣れたので問題ないということか。あいかわらず潮はほとんど動かない。外浦用の道具立てだったので、ハリスの1.5号がポケットになく、道糸2号にハリス1.7号という太仕掛け。にもかかわらず、投入するごとに中型アジやチンタが釣れてくる。活性の高い秋ならではの雰囲気。終盤まで特に大きなドラマもなく、オキアミ6k+配合という内浦にしては大量のコマセを撒ききってみれば、チンタ中心だが20枚以上釣れた。
d0138246_20225754.jpg
大型が出なかったが秋の数釣りということで十分にフカセを堪能できた。中アジの刺身は格別だった~。
あと一回でもいいから磯に行きたい。。荒れが多くなるこの季節は確率が低くはなるけど。


[PR]
# by fuka109 | 2014-11-27 20:24 | ふかせ釣り

2014秋磯~開幕か??

d0138246_20265210.jpg
超久々の釣り。秋磯開幕戦ということでナギ予報の外浦へ。
どこもエギンガーでいっぱいだ。
富山湾のアオリはどうも今年は芳しくないようだが外浦は????
同行者にはエギ竿も持参してもらい、あわよくば今年まだ食べていないアオリのサシミを!
ともくろむ。狙いの磯にはこの時期珍しいがフカセの先客が。ということで別磯へ。
今日は朝はメジナを釣って楽しんでコマセが効いてきてからチヌかマダイでもという作戦。
同行者は朝一からしばらくはアオリ狙い。
少し海のにごりが気になるが開始してしばらくすると小さ目のイカ様をゲット。
その後もポツポツ釣れてくる。お刺身はゲットとほくそ笑むが、
肝心のフカセ釣りの方が芳しくない。
0αのノーガン2ヒロ未満の朝タナを探ってみるが、ほとんどアタリもなく餌がない。
コマセを大量にまくもののメジナの姿もさっぱり見えない。
しょうがないのでウキを0cに変更しハリスも2号、G5を打った
マダイ・チヌ狙いに切り替える。コマセが効いてきたのか、中層ぐらいで今日初アタリは
35センチぐらいの秋チヌ。とっても引いてびっくりだったが、後が続かない。
d0138246_20311269.jpg
生オキアミだとなくなるが、ボイルだと残るという、よくあるパターンだ。
こういうときは良い魚がいない証拠なので、とにかくピッチを上げてコマセをまく。
そのうちタナはバラバラだが、ポツポツチヌが釣れだした。秋らしく中小型が多い中、
がんがん引いてなかなか浮かなかったのが45ぐらい。元気いっぱいの秋チヌだ。
d0138246_20334622.jpg
さらに40ぐらいを追加したところで、釣友に釣り座を譲る。
開幕戦もチヌばかりではあったが、久々のフカセを十分楽しめた。
チヌは同行者にプレゼントし、アオリを少し貰う。
アオリのサシミ、味は最高だった。もう1回ぐらいアオリ食べたいかな?。
でも、そろそろマダイも食べたいな。。
d0138246_20353223.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2014-10-04 20:37 | ふかせ釣り

夏磯ラスト!

盆休みを利用してラスト夏磯へ。
先日の台風以降、割と涼しい日々が続いており、例年ならパスする盆の磯に同行させてもらった。朝4時半すぎに現着で気温はなんと22度。今日は最高気温も30度以下という過ごしやすい日らしい・・・それでも汗だくになりながら準備して渡礁。ほぼ無風。ブヨ対策に殺虫スプレーを持参してみたがまったくブヨが見当たらない???
オキアミを撒いて様子をみる。スズメ鯛が少し見えるが最近コマセが入ることもないのか、あまり魚が見えない。潮は向かって左前にゆっくりでている。いつもの2号2号にグレバリ8号、環付ほぼ0にノーガンから開始。一投目、仕掛けが馴染んで間もなく道糸が走る。お約束の早朝口太だ。サイズは30アップ。足元でガンガン引いて元気いっぱい。続けて2投目。エサ取りが少なそうなので、オキアミコマセを少し広範囲に撒く。アキアミだけを遠目に投げるのはなかなか難しい。すこし水分が出てきた方が固まって投げやすいが、すぐにびちょびちょになって足元にしか撒けなくなるのでオキアミだけの時はバッカンを前後どちらかに傾けて、水分の多いところと少ないところをつくって調整する。
だんだんと潮に勢いがでてきた。かなり沖まで流したところでまたまた30アップの口太。太ってパンパンの体だ。先般みたいにオナガさんでも釣れんかな~っと思いながら、数等するも口太が連打。もう少し深いタナを釣ろうかと思い、G5をウキ下に追加。磯際に入れて、ジックリと流す作戦に変更。割とすぐに糸アタリで、またまたメジナくんかと思いきや、ぐっと胴に乗る引き。竿もたたいている。何度も突っ込んてなかなか上がってこなかったのはやはりの黒様40アップ。
d0138246_16211264.jpg
潮はいい感じが続いているが、なぜか予報よりも強めの北東が吹いてきた。まったく暑さは感じなくなったが海が少し荒れてきたところで釣友もチヌをかけた。
d0138246_16193716.jpg
左への潮がさらに加速しだすと、なぜかサラシ際のエサ取りの姿がなくなっていた。仕掛けがなじまなくなってきたのでさらにジンタンを追加する。中層を流すと依然として30アップの口太だ。深めを意識して流すと生は残らないがボイルは残るという微妙な感じ。なんか大きい魚の気配があるが二人ともヒットできない。足元に大きく被るような波が来るようになってきた。かなり後ろ髪をひかれたが、安全第一なので、わずか2時間未満の実釣にて撤収となった。夏磯はこれにて終了でしょう。。たぶん。

次回は9月末ごろかな~。。今年もマダイ様、釣れんわ~

[PR]
# by fuka109 | 2014-08-15 16:46 | ふかせ釣り

2014夏磯2

半月以上ぶりで外浦へ。
夕まずめねらいで午後に現場着。気温は28度。風も少し吹いているのでまあまあ我慢できるぐらいの暑さだ。海は予報より北よりの風で風波がある。磯周辺は結構サラシもきつくて雰囲気は良い。さすがにエサ取り活発だろうと読んで、オキアミのみの撒きえで開始。サラシ際にオキマミを撒いて一投目。生オキアミで。今日も環付0で開始。仕掛けのなじみがよくないので早々にマイナス浮きに変更しようと回収したらサシエがない。
環付超シブにG5をうってサシエもボイルに変更。潮が右に行きだした。しばらく正面に仕掛けをいれつつ潮下まで流すが、コツコツという小さなアタリだけでサシエがない。そのうちに小鯵が釣れた(笑)外浦の沖磯では珍しい。大きな魚がいないのかーっとテンションダウン。しばらくマキエだけして、仕掛けを入れずに様子をみる。さらに右が速くなったようなので、少し右手の潮下に仕掛けを入れて、距離を流してみる。仕掛けが結構入ったところで穂先が走り、チンタが釣れた??あのあたりがコマセがあるのかと思ってもう一度よく似た場所へ仕掛けを振り込む。さらにオキアミを撒いて少し流したところで、いきなり手元までのあたり。抑えた指から道糸がばっと出ていった。青物か?と思いながら竿でためると一気に足元へ突っ込んできた。そんなに大きな魚ではないがこれまでに体験したことのない鋭い突っ込みを繰り返してなかなか浮いてこない。てっきり青物か中マダイを予想していたがなんと浮いてきたのは
d0138246_10455478.jpg
まさかのオナガ40アップ!!!コッパオナガしかこれまで釣ったことがなかったので、正直驚いた。いるとは聞いていたが釣れるとは・・・・たしかに鋭い引きだったのでこんなのがたくさん釣れるのなら、グレ狙いの人が太平洋側で多いのも理解できるわ。。しっかりハリがのまれてた。鋭いという噂の歯もしっかり確認できた。2号ハリスでないとダメだったかも。
気を取り直して次を狙うも、またまたチンタを一枚で潮が止まり、おまけに急に北からのウネリで足場がカブリだしたので、少し離れた高い磯へ場所変更。
こちらは全然サシエもとられず、潮もあまり動かない。時間も5時ごろになったので、のこりのオキアミを急ピッチで撒き、シモリ際を狙う。ウキがだんだん見えなくなる速度が速くなったので、少し道糸を張ると穂先が引き込まれた。合わせると重いチヌのあたり。アテンダ2でしっかりためても突っ込むので良型かと思いながら2号ハリスで強引に引き上げた。しっぽが切れていたが45アップのチヌ。
d0138246_10472300.jpg
コマセも終わって夕まずめ狙い終了。
今回も潮の良い時間が短かったのでマダイは不発だった。がオナガも釣れて楽しめた。さすがにもう暑いので次回があるかは微妙。


[PR]
# by fuka109 | 2014-07-20 11:11 | ふかせ釣り

2014夏磯1

これまたご無沙汰更新とはなりますが・・・・

少し前の外浦釣行より。大変ベタな日だったのと、違うところにも・・という希望もあり、珍しい場所へ。

d0138246_20370186.jpg
遠くに見えるのは有名な一級ポイント。
d0138246_20392733.jpg
磯は沖向きがかなり水深ありそうな感じ。さすがにえさとり多そうなのでまずはオキアミのみで。今日は環つき0の全層で開始。道糸・ハリスともに2号のアテンダー2。スズメダイがいっぱいみえるが、あまり潮は動いていない。ロケーションはここも最高に良い!携帯の電波がまったくないことは少し不安だが・・。表層のえさとりをかわすと、生オキアミでも延々残り続ける。ほんと、今年の外浦生命反応少ない。コマセと近い場所2ヒロぐらいで30センチアップの口太が2号ハリスに食ってきた(笑)
潮が少し右へ流れだし、仕掛けが深くまで入ったところで手元までのアタリ。チヌっぽいなーっと思いながらも2号ハリスで楽々浮かせる。45アップか。
d0138246_20405483.jpg
ぼちぼち魚が寄ったかな~と期待。しかし潮がまた止まってしまう。2ヒロまでは両型のグレ祭り。その下は全然魚がいない。。。なんじゃこれーって感じで、とってもかゆいブヨの大群に襲われながら耐える。夏場なのに3本カットのグローブを使用してブヨ対策だ。あの手この手で色々粘るも最後はあきらめて2ヒロのグレ祭りを楽しんだ(笑)腕がパンパンになるほど。だんだん気温が高くなってきて、磯釣りも厳しい季節になってきた。あーあと1回は行きたいかな・・


[PR]
# by fuka109 | 2014-07-19 21:15 | ふかせ釣り

ご無沙汰更新 まとめて・・・・

忙しさと目立った釣果がない(笑)こともあり、やっとこの更新。
まずはパート1。
ややウネリ残りの外浦だったので、割と湾奥にある離れ磯へ。

d0138246_17041912.jpg

このころは外浦でもフクラギが多いという情報もあり、それもまた楽しいかな~と思いながら開始。今日の仕掛けは環つきBの半誘導。まずはタナ6mぐらいから。コマセを撒いてもあまりエサトリが活発でない?不思議な状態が続く。タナをさらに深くしてみる。潮はゆっくりと動いていて釣りやすい。しかしごくたまにエサが取られるだけで生命反応が薄い。やはり今年の外浦も昨年と同じでなんか変。コマセもどんどん撒いてみるがあまり変化なく時折フグが釣れるだけ。ハリスを1.2号に落とし、タナを5mぐらいしたところで、ウキが一気に消えてチヌの反応。30代後半ぐらいだが、やっと魚らしいものが釣れた。その後も浅目のタナを中心に狙うがあとがない。だんだん予報とおりの南西の風が強くなってきた。上潮に押されて仕掛けがなじみにくくなる中、浅いタナで何かの魚がヒラをうった。仕掛けを振り込んでなじむ間もなくウキが見えなくなるアタリ。青物っぽい感じでやはりフクラギ。もしかして回遊してきたか?ということでコマセをたくさん入れてタナも2ヒロで追加のフクラギを狙う。同行者にもチヌにつづきフクラギヒット。結構走ってくれて楽しい~と思うのは3本ぐらいまでか(笑)すぐに腕も疲れてくるので磯竿でたくさんつるのはしんどい。風も強くなってきたのでこの日は早々に撤収。フクラギ中心だが魚の引きは楽しめたので満足。
下は二人分の釣果

d0138246_17055587.jpg




つづいてパート2。
d0138246_17065503.jpg
今回の外浦は大変おだやか。昨日のフクラギ祭り情報ある中、勇気ある場所選択をしてみるが、思いきりド裏目に。今日は一人一磯という贅沢なシチューエーションだが、コマセを入れる前から磯際にはフクラギの姿が多数。しかもフグやスズメダイと混じってゆっくりと泳いでいる。前回のフクラギはパサパサ感いっぱいであまりおいしくなかったので、自宅へのお持ち帰りは不要だ。0cでの全誘導から開始。表層にフクラギが多数みえるので、コマセも配合いれずにオキアミだけを撒く。早めに仕掛けがはいるように最初からG5を打った。やはりフクラギは表層だけで仕掛けが入っていくとエサが残り続ける。潮は緩く左へ。オキアミをすこしずつ広範囲にまき、潮下の少し深めで仕掛けとあうように心がける。が、たまにあたってくるのはベラやカサゴのみ。割と下まで入っているようだが、他の魚がいないのか?生オキアミがそのまま残ってくることが多い。2時間ぐらい頑張ったが、深めのタナには何もいないようだ。さすがに退屈してきたので、1ヒロ半のところにアタリウキをセットして、フクラギ狙いに変更。仕掛けを入れてコマセをかぶせるとすぐにフクラギのアタリがでる。同じパターンで立て続けに5本ほど釣ると、さすがに学習したのかフクラギが見えなくなった(笑)腕もパンパンになったので仕掛けを半誘導Bに変えて他の魚を狙う。潮が右方向に結構速くなってきた。タナを5mぐらいにしオモリを多めに打って仕掛けがなじむとゆっくり入っていく設定にした。潮が速いのでシモッたウキがどんどん流れていく。色々なパターンで流すも、フグとベラのみ。これまた昼前にはギブアップとなった。それにしてもフクラギ多すぎですわ。珍しいこともあるもんです。
フクラギは近所の方に配って終了。

d0138246_17112768.jpg
パート3
昨年に引き続き能登島での大会に参加。昨年は27センチ攻撃で撃沈だったので、今年はなんとかキーパーを。ということで初めて入る場所へ。能登島はのっこみがほぼ終了のタイミングのようで、直近大型情報が少ないと聞いていた。また、昨年は浅場が良かったようだが、果たして今年は???長靴でギリのところにある足場に初めて入ったワタクシ。藻が大量に生えていて水深があり、地形的にそこそこ潮が動くのではという見立て以外、まったく情報がないのでまずは00の全誘導にて開始。ほとんど無風だが、潮はゆっくり左へ動いているようだ。コマセを竿2本ぐらい前に入れてそのまた竿1本前ぐらいに仕掛けを入れる。足元の藻の中にはチンタがフグに交じって多数見える。イヤな予感が。と思っていたら竿先までひったくるアタリ。釣れてきたのは30あるかないか大変微妙なチヌ(笑)とりあえず一投目からのチンタ様なのでキープ。そのあと暫くは同じような海況の中、明確な竿アタリ連発でやはり25センチ級チンタのラッシュとなった。10枚ぐらい釣ったころに潮が右に行きだした。それも結構速い。遠投しているのでコマセとなかなか合いにくいのが良かったのか、ボチボチサイズが釣れた。35センチぐらいか。しかし後が続かない。25センチ級に交じって30あるなしが時々釣れるのでとりあえずキープしながら続ける。だんだんと日が昇り暑くなってきた。潮も止まり気味となり、エサトリが増えてチヌのアタリもなくなってきた。トータル20枚以上は釣ったか。それにしてもやはり型が小さい。少し休憩してから、オキアミからボイルに変更。やはり30前後がポチポチ。一向にサイズアップしない。途中苦手なネリエも試してみたがやっぱり状況に変化なし。完全にチンタがエサトリになっている。最後まで状況は変わらす、きわどいサイズばかり6枚を持って検量へ。あと数ミリ不足ばかりで3枚が検量対象ではまったく問題外。今年も浅場だったようで、ネリエを使って5キロ弱を持ち込んだ優勝者はご立派。緊張感のある釣りはやはり楽しい。できれば内浦でなく磯なら最高だが。
d0138246_17124560.jpg


最後は今年初の小マダイ様。
最初の走りでは良型を感じさせるような突っ込みで楽しませてくれました(笑)



d0138246_17152069.jpg

d0138246_17161698.jpg

あー大型釣りたいな~。あとはチヌ少々でした。



[PR]
# by fuka109 | 2014-06-21 17:28

今年もチャレンジしてみました。

今年も懲りずに大会に参加。やはり年に何回かは緊張感を持った釣りも楽しいものだ。まだまだ薄暗い中、大勢が集まっている。外海が荒れているようで、予想とおりの内湾堤防勝負となりそうだ。乗船すること数分(笑)まずは2人だけが下されたのは、道路からすぐ近くのとりあえず離岸。水深も浅く、正直言ってこんなところに上げられるとはご愁傷様と心の中で手を合わせました。。。船長も「ここはでかいメバルが釣れる・・・」みたいなコメント。って今日はチヌ釣りのはず(笑)さらにそこから1分ぐらいで、なんと、とりあえず柵はあるけど地続き波止で残り全員が下された??まじですか!みたいな場所(^O^)/

d0138246_19192907.jpg

とりあえず水深は5mから7mぐらい。またまた抽選番号の悪いワタクシは優先権が低く、といってもどこでもいっしょか。優先権のある方々はとりあえず角地へ。すっかりテンションが落ち着いてしまったワタクシは真ん中の方でやることに。

d0138246_19204113.jpg
ほぼ真横からの強風が吹くが上潮以外はほとんど動いていないようだ。開始時刻になったので左右の選手に挨拶をしてコマセをまく。見るからに釣れなさそうな海だったので、とりあえず50杯ぐらいコマセを投げ込んでから、仕掛けを入れてみる。散々半誘導と迷ったが、根がかりのなさそう場所だったので全層を選択。道糸1.75号、ハリス1.2号。上潮が滑るので早めにシモっていく設定。じっくりと入れていくと下の方は風とは逆にゆっくりと動いているようだ。仕掛けの張りを維持しながら様子を見るも、予想とおり何の反応もない。仕掛けを回収してみるとなんと1投目から海ケムシがくっついてきた!!!久々にみたが気持ち悪すぎで更にテンションダウン。とりあえず始まったばかりなのでコマセをドンドン入れながら仕掛け投入点を変えて海底の状況をみてみる。やはり砂地のようだ。ところどころで藻がからんでくる。コマセが効いてきたのか時々エサが取られるようになった。しかし横風が強いためかほとんどアタリがわからない。さらにしっかりと張りを維持するように注意していると道糸がスッーと走った。アタリだ。竿を起こしてみると、とっても小さいがチヌのようだ!!開始早々にキープサイズぎりぎりをゲット。あまりの小ささにタモ入れも恥ずかしいほどだが大会なので慎重に。さらにコマセを入れて次を狙う。下の潮が風と同じ向きに変わったような感じになった。周りを見ると角に入った人が両型をゲットしたようだ。チヌはいるようだ。あとは型が欲しい。横風でアタリが取りにくい状況が続くが、道糸もしっかり水面下に入っているので、仕掛けは安定している。と、一度穂先がおじぎして戻った。エサトリのようだアタリだったが、少し糸を貼ってみた。すると今度はすっと道糸が走った。すかさずあわせると、今度は重量感がある。なかなか浮かない本命45ぐらいを慎重にタモ入れしてテンションアップ!ハリスを全部交換して次を狙う。あまり間をおかずに明確なアタリで釣れたのは30後半か。時間を見ると7時半すぎだ。時間的には順調。この調子で規定枚数まで・・と欲を出したが、そのあとは全く魚自体がいない。生命反応がなくなってしまった。前半戦が終わり場所替え。風を背にできるところに大きく移動してみた。と、目の前には朝2人だけおろしたなんちゃって離岸があるが、その二人の竿が何度も曲がっているではないか!!あとから聞くと、朝上がった時にすでにチヌが見えていたとのこと。たくさん釣っていたその2人が渡船のワンツーで、優勝となっていた。やはり大会で勝つのは難しいですわ。ヘンテコ波止に降ろされた中ではワタクシが優勝だったのですが(笑)
また来年も懲りずにチャレンジ。勝つまでやろうということで?

 

d0138246_19143512.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2014-05-18 11:44 | ふかせ釣り

外浦2回目・・低活性が続く????

渋いという事前情報を聞きつつも、今季2回目の外浦へ。

d0138246_16241070.jpg

西寄りの風が強くなるまでの短時間勝負の予定で渡礁する。少し荒れ気味で透明度はやや高いが、海況自体は悪くない。水温も14度前後。今日はBの半誘導で、タナは竿1本ぐらいからスタート。潮は前方やや左へと流れておりいい具合。コマセをどんどん入れて生命反応を待つが、やはり事前情報通りほとんどサシエが取られない。タナもどんどん深くしていく。同行の釣友が30ぐらいのチヌをかけた。サイズは微妙だがとりあえず魚はいるようだ。タナを竿二本ぐらいまで深くして、やっと小さなアタリがありサシエが取られた。同じところを何度か流す。ウキがシモるが食いこまないアタリが時々あるので、ハリスにG6を追加。数投後、仕掛けがなじんでしばらくすると小さなアタリ。なかなか持っていかないので仕掛けに少しテンションをかけた。すると一気に竿先までのアタリ。合わせるとなぜかリールのドラグが緩んでいたようで、ジーと糸が大量に出ていく(笑)あわててドラグを締めやりとり。そんな大きくはないが、なかなか元気に頑張ってくれたのは40ぐらい。またまたコマセを多めに入れて次を狙う。しばらくして同じタナでアタリ。これまた元気に頑張ってくれてのは先ほどと同サイズか。今日はボチボチ釣れるのかもとほくそ笑むも、チヌのアタリはこれで終了だった。そのあとはメジナが一枚釣れただけで、生命反応なし。釣れたチヌの腹もまだまだといった感じだったし、居着きが釣れただけかも。

d0138246_16231608.jpg
予報とおりの西系強風で早々に撤収となった。えさとりがいないので釣りやすいといえばそうだが、いかんせんアタリが少なくさみしい外浦。内浦は数釣りモードに入っているようだ。次回はどこにいこうか・・・・・
d0138246_16133305.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2014-05-05 16:27 | ふかせ釣り

外浦釣行 海の中はまだまだ・・・・・

今季初の外浦釣行。海況は割と穏やかなようなので私の知る中でも特級沖磯へ。。
現地着で漁師のみなさんに一声かけてから準備。
能登の磯場は漁港付近からの出船が多いので、
現地の方に迷惑をかけて立ち入り禁止にならないようにしたい。
d0138246_17500634.jpg
相変わらず、ロケーションは最高だ!
荒れに非常に弱いので年に数回しか来れないが、潮もよく動くお気に入りの場所。
今年は水温が低いので低活性をおりこんでの釣行。
釣れても釣れなくても十分に春磯を楽しみたい。
早速コマセをつくって磯際に撒いてみる。右前方に向けて程よい速さだ。
さらに多めのこませを入れてから、仕掛けをつくる。
0αに長ハリス仕様のノーガン全誘導でスタートする。道糸1.75にハリスは1.5。
長ハリスにするとハリスのヨレが影響あるのでしっかりとハリスを伸ばす。
第一投。潮が速くなってきて、仕掛けの馴染みに時間がかかる。
その間にどんどん仕掛けが流れていくので、すぐにG5を追加。
さらに潮が速くなってきた。コマセを後方に入れてもどんどん前方へ流れていくのが見える。
チモトにG6を追加して様子を見る。仕掛けの馴染みは大分改善したが、
潮が速すぎて、糸を出すのが遅れると仕掛けが浮き上がる。
G5はG3に変更。とりあえずどんどん流して仕掛けが落ち着く場所を探す。
しかし50mぐらい流してもまったく落ち着く場所が見つからない。
コマセもどんどん流れていくので、絶え間なく撒き続けているが、
流れの中に生命反応はまったくない。。。
想定通りか(笑)やはりまだ早いようだ。潮筋を外して瀬際を釣ってみるが、
こちらも生命反応がない。
開始から1時間以上、もくもくとやり続けるも釣友がふぐを1匹釣ったのみ。
私はサシエが一度も取られてない。
潮が落ち着くのを待つため、朝食をとる。天気もロケーションも最高!
コンビニのパンの味も格別。あとは魚だけだが・・・
少し潮が緩んできたので、コマセを撒くピッチを上げる。仕掛けの
なじみが格段に良くなってきた。相変わらず生命反応がないが、潮筋を
ゆっくりと流す。糸の送りを指で止めて誘いをかけた瞬間に穂先が引っ張られた。
本日初の生命反応は、本命。型はそれほどではないが、十分引きを楽しんだ。
d0138246_18000941.jpg
コマセがきいてきたのか、割と間隔をあけずに今度はガツンと潮筋で
明確なアタリ。パワフルな突っ込みで楽しませてもらいました。
d0138246_17581305.jpg
その後、まったく生命反応がなくなり、風も強くなってきたので少し休憩。
風が強く上潮は滑るが、潮がしっかりと効いているので、G2にオモリを重くして
潮筋を探っていくと重量感あるアタリで本日最大の48がきた。
続いてもう一枚釣ったところでコマセ切れで終了。他の魚のアタリすらない
初期の春磯という感じ。アタリはすべてタナをかなり入れ込んで
距離も結構流したところばかり。
チヌの数も少ないようで、コマセに反応した数匹が釣れたという感じか。
やはり磯での全誘導はアタリが明確で楽しい。今季も良い魚に多く出会いたいものだ。
d0138246_18011299.jpg
d0138246_17562133.jpg


[PR]
# by fuka109 | 2014-04-27 19:22 | ふかせ釣り

加工オキアミのおかげ?

4月に入ってからも気温の高い日が少なく、今年も海水温がなかなか上昇しない。能登界隈は概ね11度前後が続いているようだ。すでに一部の場所では始まっているようだが、今年も本格的なのっこみは5月の連休以降ではないかと個人的には思っている。連休中に沖磯チャレンジを計画しているのでそれまで暖かい日が続いて欲しいものだ。
4月に消費税も上がったためか、サシエの取れないような、まきえ用のオキアミでさえ3キロで900円ぐらい。沖磯でまくと2枚と配合とかになるので、懐がさみしいワタクシだけかもしれないが、釣行費用がかさみ、新しい道具もなかなか手が出しにくい。今年はリールでも新しくしたいと考えていたが、まだまだ手持ちをメンテして・・かな。
先般の釣行では、水温低下のためか生命反応が極端に低下していた。たまたまかもしれないが、生オキアミでは反応なく、加工オキアミで釣れた。エサトリもほとんど動きがなく、偶然そこに来たのが釣れたような感じだった。アタリ自体はすべてG2のウキを消し込むような分かり易いアタリ。チヌ自体の活性は低くないけど魚の数が少ないのかも。5月以降の沖磯に期待か。
d0138246_21213446.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2014-04-23 21:22 | ふかせ釣り

水温まだまだ低いかも

久々の釣りなので、のっこみに向けた情報収集を兼ねて能登某所へ今季初チャレンジ。
晴天が数日続いたこともあり、現地の水温も11度ぐらいまで上昇している。
のっこみチヌの基準は大体13度ぐらいと考えているので、まだ少し早いかとは思ったが水深のあまりない濁りがあるところに入ってみた。海面は風波でバシャついている。
生命反応なしもあり得るなーっと思いながら、すべる上潮にのせて流していくと、なんと1投目からBのウキが消し込んだ。久々のチヌの引きで30アップ。
タナは3ヒロ以下と浅め。早々に釣れるとあとが続かないことが多いんだよなーっと思い続けていると、コマセが効いてエサ取りが活発になってきた。エサも残ったり残らなかったり。
そのうちに水面下にシモッたウキがなかなか入らないアタリが2回ほど続いた。怪しい感じがしたので、思いきってタナを2ヒロに上げたところ、明確なアタリで30後半ぐらいをゲット。
そこそこ活性が高い のかと思っていると、激シブアタリを待って張ってでやっとこ皮一枚かかりもある。いかにも初期らしい良くわからない感じだ。
それでもあれやこれやで正味4時間ぐらい。
大型はでなかったが大小入り混じって二桁釣果はできすぎだ。
来週以降の更なる水温上昇と大型ののっこみに期待したい。
d0138246_2038303.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2014-04-07 20:38 | ふかせ釣り