能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

全層の場合ウキを浮かす?沈める?

もちろん、海況に合わせて浮かしたり沈めたりというのが優等生の答えではあるが・・・・実際のところは?
ということで、実体験を簡単にまとめてみる。

私もよく行く富山湾や能登周辺など、メインターゲットがチヌなどの場合、大体釣れるタナは深め。
それを前提として考えるとウキを浮かした全層は、ノッコミ期を除き、ここらのフィールドではあまり適していないのではないかと思う。ウキを浮かした状態では、潮がある程度動かないと軽い全層仕掛けでは竿1本以上入れ込むことがなかなか難しいからだ。もちろん魚の活性が高ければ問題はないが、そういったケースはいつもあるわけでもない。また、浮かしたウキは二枚潮にも弱いし、風の影響も受けやすく、仕掛けを入れるためにかなり神経、テクニックを使わなければならない。
そいったこともあって、最近はとりあえず00ウキか0αぐらいで始めることが多い。かれこれ10年ぐらい能登界隈で軽めの全層釣り中心にやってきた、一つの答えだと思っている。

風が弱く、そこそこ潮も効いているというベストな状況であれば、穴径の大きめの00か0αでノーガン釣りが楽しめる。サシエまでなじむと、だんだんウキもしもっていくというセッティング。滅多にこんな状況はないが、コマセとも同調しやすく、高確率で魚も釣れてくれる。

風が強いが潮もいい感じで動いているときは、穴径の大きめの00か0αにG5などのオモリを段うちして、道糸もやや張り気味にする。そうすることで、早めにウキを水面下にいれ、風の影響を抑えることが出来る。

風だけ強くて、潮が動いていないという悪い状況の時は、穴径も小さな00にして、G3前後を打った重めの仕掛けにし、着水と同時に道糸を張り気味にしたまま、ウキを沈めていったりする。ウキを沈めることでタナを稼いでいくというやり方。

現実の海ではそういった状況が複合的に発生するため、なかなか状況にあわせたベストの仕掛けを維持することが難しい。もちろん私も毎回悩んで釣りしている。
ただ、能登界隈でチヌやマダイを狙う場合は、それほど仕掛けの軽さにこだわる必要は少なく、しっかりとコマセの効いているところに入れることが重要と思う。

潮さえしっかり効いているなら、0ウキにウキ止めをつけた軽い半誘導沈めも張りを作ることができ、有効なシーンも多い。ただ、3B以上を使う半誘導だと、能登界隈の磯場では潮乗りが悪く、釣果が落ちると思う。

とりあえず早く潮の効いた沖磯に上がれる季節になってほしいものだ。。。。。
[PR]
by fuka109 | 2013-02-13 21:11 | ひとりごち | Comments(0)