能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

能登島と外浦

しばらく忙しくてさぼってましたのでまとめて更新を。
まずは某社主催の能登島大会へ参加。能登島は釣りを始めたころ、(まだ橋が有料だったころ)は頻繁に通っていた思い出が多い場所。釣り場に関しては本当に知り尽くした感があるものの、直近の情報がほとんどないため、深場にするか浅場にするかで、当日の朝まで迷った。当日の朝の南西系から北系に変わるという予報を信じて場所セレクト。(これが・・・・)
受付をすませて5時のスタート。釣り場についてコマセをとりあえず足元に入れ、仕掛けを準備する。すでに足元にはエサトリの塊が見える。。。足元からなだらかに深くなる能登島特有のポイントなので、藻のキワにコマセを大目で仕掛けは竿4本ぐらい前に。1投目からひったくるアタリでチンタ様が・・・ウワサ通りのチンタラッシュか。今回は30センチ以上が検量対象なのだが、時折つれるのは、27サイズばかり???
d0138246_2143971.jpg

ポイント、タナ、えさを変えて色々やるもサイズアップなし。9時ぐらいに前日下見した浅場への移動も考えるも、北風の予報がちらつき断念。結局、そのまま最後までやり続けるも状況変化なしで終了。本当に大会で検量サイズを釣るのは難しい。。
d0138246_2154037.jpg


次は懲りずに外浦へ。今年一番の凪な海。エサトリが心配されるのでマキエは配合なしのオキアミのみで。前回同様の長ハリスG61個の全層で開始。開始早々はそこそこエサトリも見えるが、サシエは時々残る。潮は左にゆるく流れ続けている。潮下に上がった釣友にマキエが効いているのか時々良型チヌをゲットしている。潮上のこっちは下まで入れるとカサゴのオンパレード。中層ではアタリなしが延々と続く。ちょっと潮が緩んだときに、穂先にゴツンとアタリが。フグ?かなと思って軽くきいてみると、走り出した。あまり重量感はないがマダイだ。元気いっぱいの走りでなかなか寄らなかったのは40ちょいぐらい。久々にキレイなマダイを見てすでに満喫。同磯した釣友になかなか本命が来なかったので、半誘導に仕掛けを変更してもらって、1本から1本半の間を試してもらう。サシエは相変わらず残ることが多く、あきらめかけた頃にウキがみるみる海中に。かなり頑張って釣友を満足させたのは40真ん中ぐらいのチヌ。無事、全員何か釣ったので早々にご帰宅となった。久々にマダイの刺身を食べたので大満足。このあとは暑さが我慢できなくなるまで大型狙い一本で磯通いです。
d0138246_217167.jpg

↓は3人の釣果。チヌはマックス49ぐらいかな。
d0138246_2192398.jpg

やはり釣果はかんばしくない・・・・・・・どうなってるの???
[PR]
by fuka109 | 2013-06-17 21:12 | ふかせ釣り