能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

外浦釣行 海の中はまだまだ・・・・・

今季初の外浦釣行。海況は割と穏やかなようなので私の知る中でも特級沖磯へ。。
現地着で漁師のみなさんに一声かけてから準備。
能登の磯場は漁港付近からの出船が多いので、
現地の方に迷惑をかけて立ち入り禁止にならないようにしたい。
d0138246_17500634.jpg
相変わらず、ロケーションは最高だ!
荒れに非常に弱いので年に数回しか来れないが、潮もよく動くお気に入りの場所。
今年は水温が低いので低活性をおりこんでの釣行。
釣れても釣れなくても十分に春磯を楽しみたい。
早速コマセをつくって磯際に撒いてみる。右前方に向けて程よい速さだ。
さらに多めのこませを入れてから、仕掛けをつくる。
0αに長ハリス仕様のノーガン全誘導でスタートする。道糸1.75にハリスは1.5。
長ハリスにするとハリスのヨレが影響あるのでしっかりとハリスを伸ばす。
第一投。潮が速くなってきて、仕掛けの馴染みに時間がかかる。
その間にどんどん仕掛けが流れていくので、すぐにG5を追加。
さらに潮が速くなってきた。コマセを後方に入れてもどんどん前方へ流れていくのが見える。
チモトにG6を追加して様子を見る。仕掛けの馴染みは大分改善したが、
潮が速すぎて、糸を出すのが遅れると仕掛けが浮き上がる。
G5はG3に変更。とりあえずどんどん流して仕掛けが落ち着く場所を探す。
しかし50mぐらい流してもまったく落ち着く場所が見つからない。
コマセもどんどん流れていくので、絶え間なく撒き続けているが、
流れの中に生命反応はまったくない。。。
想定通りか(笑)やはりまだ早いようだ。潮筋を外して瀬際を釣ってみるが、
こちらも生命反応がない。
開始から1時間以上、もくもくとやり続けるも釣友がふぐを1匹釣ったのみ。
私はサシエが一度も取られてない。
潮が落ち着くのを待つため、朝食をとる。天気もロケーションも最高!
コンビニのパンの味も格別。あとは魚だけだが・・・
少し潮が緩んできたので、コマセを撒くピッチを上げる。仕掛けの
なじみが格段に良くなってきた。相変わらず生命反応がないが、潮筋を
ゆっくりと流す。糸の送りを指で止めて誘いをかけた瞬間に穂先が引っ張られた。
本日初の生命反応は、本命。型はそれほどではないが、十分引きを楽しんだ。
d0138246_18000941.jpg
コマセがきいてきたのか、割と間隔をあけずに今度はガツンと潮筋で
明確なアタリ。パワフルな突っ込みで楽しませてもらいました。
d0138246_17581305.jpg
その後、まったく生命反応がなくなり、風も強くなってきたので少し休憩。
風が強く上潮は滑るが、潮がしっかりと効いているので、G2にオモリを重くして
潮筋を探っていくと重量感あるアタリで本日最大の48がきた。
続いてもう一枚釣ったところでコマセ切れで終了。他の魚のアタリすらない
初期の春磯という感じ。アタリはすべてタナをかなり入れ込んで
距離も結構流したところばかり。
チヌの数も少ないようで、コマセに反応した数匹が釣れたという感じか。
やはり磯での全誘導はアタリが明確で楽しい。今季も良い魚に多く出会いたいものだ。
d0138246_18011299.jpg
d0138246_17562133.jpg


[PR]
by fuka109 | 2014-04-27 19:22 | ふかせ釣り | Comments(0)