能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

今年もチャレンジしてみました。

今年も懲りずに大会に参加。やはり年に何回かは緊張感を持った釣りも楽しいものだ。まだまだ薄暗い中、大勢が集まっている。外海が荒れているようで、予想とおりの内湾堤防勝負となりそうだ。乗船すること数分(笑)まずは2人だけが下されたのは、道路からすぐ近くのとりあえず離岸。水深も浅く、正直言ってこんなところに上げられるとはご愁傷様と心の中で手を合わせました。。。船長も「ここはでかいメバルが釣れる・・・」みたいなコメント。って今日はチヌ釣りのはず(笑)さらにそこから1分ぐらいで、なんと、とりあえず柵はあるけど地続き波止で残り全員が下された??まじですか!みたいな場所(^O^)/

d0138246_19192907.jpg

とりあえず水深は5mから7mぐらい。またまた抽選番号の悪いワタクシは優先権が低く、といってもどこでもいっしょか。優先権のある方々はとりあえず角地へ。すっかりテンションが落ち着いてしまったワタクシは真ん中の方でやることに。

d0138246_19204113.jpg
ほぼ真横からの強風が吹くが上潮以外はほとんど動いていないようだ。開始時刻になったので左右の選手に挨拶をしてコマセをまく。見るからに釣れなさそうな海だったので、とりあえず50杯ぐらいコマセを投げ込んでから、仕掛けを入れてみる。散々半誘導と迷ったが、根がかりのなさそう場所だったので全層を選択。道糸1.75号、ハリス1.2号。上潮が滑るので早めにシモっていく設定。じっくりと入れていくと下の方は風とは逆にゆっくりと動いているようだ。仕掛けの張りを維持しながら様子を見るも、予想とおり何の反応もない。仕掛けを回収してみるとなんと1投目から海ケムシがくっついてきた!!!久々にみたが気持ち悪すぎで更にテンションダウン。とりあえず始まったばかりなのでコマセをドンドン入れながら仕掛け投入点を変えて海底の状況をみてみる。やはり砂地のようだ。ところどころで藻がからんでくる。コマセが効いてきたのか時々エサが取られるようになった。しかし横風が強いためかほとんどアタリがわからない。さらにしっかりと張りを維持するように注意していると道糸がスッーと走った。アタリだ。竿を起こしてみると、とっても小さいがチヌのようだ!!開始早々にキープサイズぎりぎりをゲット。あまりの小ささにタモ入れも恥ずかしいほどだが大会なので慎重に。さらにコマセを入れて次を狙う。下の潮が風と同じ向きに変わったような感じになった。周りを見ると角に入った人が両型をゲットしたようだ。チヌはいるようだ。あとは型が欲しい。横風でアタリが取りにくい状況が続くが、道糸もしっかり水面下に入っているので、仕掛けは安定している。と、一度穂先がおじぎして戻った。エサトリのようだアタリだったが、少し糸を貼ってみた。すると今度はすっと道糸が走った。すかさずあわせると、今度は重量感がある。なかなか浮かない本命45ぐらいを慎重にタモ入れしてテンションアップ!ハリスを全部交換して次を狙う。あまり間をおかずに明確なアタリで釣れたのは30後半か。時間を見ると7時半すぎだ。時間的には順調。この調子で規定枚数まで・・と欲を出したが、そのあとは全く魚自体がいない。生命反応がなくなってしまった。前半戦が終わり場所替え。風を背にできるところに大きく移動してみた。と、目の前には朝2人だけおろしたなんちゃって離岸があるが、その二人の竿が何度も曲がっているではないか!!あとから聞くと、朝上がった時にすでにチヌが見えていたとのこと。たくさん釣っていたその2人が渡船のワンツーで、優勝となっていた。やはり大会で勝つのは難しいですわ。ヘンテコ波止に降ろされた中ではワタクシが優勝だったのですが(笑)
また来年も懲りずにチャレンジ。勝つまでやろうということで?

 

d0138246_19143512.jpg


[PR]
by fuka109 | 2014-05-18 11:44 | ふかせ釣り