能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

遠征

超久々です。
全く変化がないのに、そこそこ多くアクセスいただいて、申し訳ありません。
今回は遠征して某社大会に参加しました。
d0138246_10151188.jpg
激流のなか、色々な磯で楽しませてもらいました。
d0138246_18222020.jpg
d0138246_18222109.jpg

d0138246_18222146.jpg
以下長文ですが個人的な参加記録として・・・・

当日は2時起床。渡船乗り場で4試合用として支給された配合餌4袋、オキアミ3枚を受け取り各自準備。自分は磯持ち込み用バッカンにオキアミ1枚と配合1.5袋で準備。同量を予備バッカンでまぜた。オキアミ1枚と配合1袋はまぜないで持参。刺しエサは加工オキアミとボイルオキアミが支給。全員で渡船に分乗し各自の磯へ。

激流という前評判とおり、朝一の磯は目の前20mぐらいを左後ろから激流が通す。降りてから釣り開始時間までわずかしかなかったので、慣れた環付0の全層を準備し、手前の引かれ潮を狙うことに。タナも分からないのでノーガンで。支給された加工オキアミを刺して第一投。川のように流れる潮の少し手前に仕掛けを入れてみたが、ほとんど仕掛けが動かない。即回収してもう少し潮の変化があるところを色々と入れてみる。しばらくすると川流れに向かう右からの緩い潮がでてきたのでそこへ。道糸に小さな変化が出たあと、穂先までのアタリ。すかさず合わせる。竿をまげていたので、同磯していたカメラマンがカメラを構えた(笑)フッキングしてからすぐに表層に走ってきた。開始早々に釣れたのは35センチぐらいのスズキの子供。とりあえずマキエを多めに入れてもう一度同じところを狙うが、すでに潮筋が変化しており引かれ潮がない。激流に乗ってしまうと一気に流れて釣りにならないし、色々やっている内に1時間経過で場所交代。相方がどのあたりに仕掛けを入れているかはチラ見してたので、同じ場所に入りコマセをまく。すると今度は右から早い潮が流れており、仕掛けを入れるスペースが少なくなっている。噂とおり海況が頻繁に変わる。その後の1時間も右左に激流が行き来し、相方ともども本命なしの引き分けスタート。大潮なのでどんどん潮も満ちてくるし、前を大きな船が通るたびに釣り座が大波に襲われる(笑)バッカンが海に落ちた時点で、失格となるので、常に気を付けてなければならない。

すぐに迎えの船が来て移動。予備コマセを磯に持ち込めないので、船内で慌ててコマセを追加。撤収して乗船し移動、すぐ次の磯に降りて仕掛け準備でとにかく時間が無い。2か所目は角地で右後方から激流。少し悩んだが最初と同じ仕掛けに。20mぐらい沖で激流と左からの引かれ潮でよどんだ感じの場所があるので、そこを狙う。ポイントにコマセが効くよう左右の流れにコマセを打つ。非常にいい感じでなじむのだが、アタリは無く、サシエも取られない。ハリスにガンダマうったりと色々とやってみるがあっという間に1時間。相方さんも魚なしで場所交代。代わった場所は左から右にゆっくりと潮が動いている。竿2本ぐらい前まで浅く藻が多い。その前付近に入れて何度か流す。時々エサトリのアタリがある。残り30分をきったころ、これまで沖を狙っていた相方さんが手前のシモリ際に仕替を入れるのが見えた。潮が緩んだらしい。何気なく見ていると半誘導のウキが消し込んでヒット。良型の本命をタモ入れ。やられたと思っていると、今度は自分の道糸が張る。竿をたたくので本命か(笑)でも全然小さい。なんでやねんって思いながらタモ入れ。残り時間もすぐに経過し迎えの船が来た。なんとか1尾釣れてよかったが重量負けで1敗。

すぐに場所移動して3か所目。大きな造船所の向かいにある島で今日一番の激流が左後ろから流れてくる。流れの幅が大きすぎて仕替けを入れるところが限られてる。Bの固定仕掛けにしてタナも2ヒロ。底が見えそうな浅場から入れて引かれ潮を流す。時々エサトリのアタリや根がかり。激流が少し遅くなったので、本筋流れの際に仕掛けをダイレクトで入れてみた。意外と安定。根がかりのようにウキがしもっていったので、そっとテンションをかけると反応あり。やっとまともな魚をゲットした。もう一尾追加と意気込むがまたまた激流になっていた。前半が終了して1尾リード。ところが後半の場所は30mぐらい前まで浅いのと、左から右への潮が早すぎて全く釣りできない(笑)相方の状況も気になる。が、終わってみたら、相方は魚なしでなんとか1勝。

かなりヘトヘトになったが、最終ラウンドに移動。船内でコマセ追加の際、サシエ用の加工オキアミを船に忘れ、最終ラウンドは、なんと混ぜたコマセから生オキアミを取って使うことに(笑)場所も遠投が必要なところでまったくのお手上げ。相方が見事に釣って完敗。

今回の反省点メモ

・現地で事前プラクティスをしなかったこと。(ほとんどの方がやっていて驚いた(笑))
・1時間で魚を寄せて釣るという練習が不足
・大会ルールや移動中の船内でやらなければならないことの理解と準備不足
・全誘導にこだわりすぎた。3ヒロ程度の軽め半誘導がマッチする場所がおおかった。


現地では情熱あふれる大勢のフカセ師と話ができ、すこし釣り熱がなくなっていた自分にとって大きな刺激になった。
本当に良い経験ができた。またいつか挑戦してみたい。(あと10歳ぐらい若い時に出たかったな~。)


[PR]
by fuka109 | 2017-04-25 10:09 | ふかせ釣り | Comments(0)