能登半島のふかせ釣り日記


by fuka109

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

仕掛けの重さ

天気の良かった先日、軽くうねりも残り、うすにごり、まさに爆予感のする釣り場へ。。。
d0138246_19351218.jpg
潮が大変良い感じで左前方向へ抜けていくので、足元コマセで開始する。
表面水温約12度。やや高めが気になるが・・・生オキアミでまずはコマセ付近に投入。
今日はBの環つきで竿1本ぐらいから。潮が良い感じなのでなじみも早い。
早々にウキを引き込んでいったのは↓↓こんなやつ。。。
d0138246_19393469.jpg
いや~な予感がするも、えさとりの姿が見えるほどではないので、色々と試してみることに。
しかし開始30分もしないうちに、コマセ投入付近はフグに占領。
コマセが効いていそうな潮下に遠投するとしばらくは餌がもつが、釣れてもフグかコッパ。
同行者と色々なパターンを試してみるも、えさとりの状況に変化はない。
小気味良いあたりでグレが時折釣れることが救いで、なんとか3時間ぐらい頑張ってみた。
状況が変わらないので1個だけもっている5Bのウキも引っ張りだして全くコマセも入れていない
場所へ超遠投。しかし、そこでもフグ・・・ギブアップ。チヌが居らんのか、水温高いのか???
同行者がお土産にメジナを持っていくというので、5B仕掛けのまま2ヒロに(笑)して
メジナだけを狙ってみるとこれがなかなか面白い。
張ってみたり、ゆるめてみたりと色々と遊び、33センチまでをたくさん釣った。
5Bというメジナ釣りでは信じられないオモリ負荷でも仕掛けの張りを強めにすると
そこそこ釣れる。となりで釣っているG5の仕掛けと遜色ないほど。

フカセ釣りはやはり奥の深い釣りだ。もちろん海況や食い気などの影響はあると思うが、
大昔に読んだ雑誌にあった、”オモリの重さを感じさせない釣り”という言葉の意味を
もう一度考えてみたくなった。とはいうものの、表層しか流れないことが多い富山湾では
難しいつり方だ。磯の開幕が待ち遠しい。
d0138246_19543000.jpg




[PR]
# by fuka109 | 2014-02-08 19:59 | ふかせ釣り

2014初釣り

2014年の初釣りとなった1月2日。
元旦は大荒れ、今日も荒天を予想していたが、曇りから晴れ間もでて、まずまずの模様だった。風は強めに吹いている。風裏場所だったが、回りこんだ風が上潮をすべらす。
d0138246_15103939.jpg
北陸の冬場で贅沢は言えないので、今年1年の安全と釣果を祈ってから第1投。
今日も自作環つき3Bだが、ヨリモドシを埋め込んだら2B+G6で超シブシブに(笑)
上潮すべりだが、なじみがいいのでやりやすい。
とりあえず藻付近を竿1本ぐらいで数投。シブイあたりで初魚は予定とおりのフグさま。
しばらくは、水面下20センチぐらいからなかなか入らないようなアタリが続いて
時々つれるのはやはりおフグさまだけ。。。
際を見切って竿4本ぐらい前で7mから8mのタナに変更。
コマセを多めに入れてしばらく流すも、やはりここでもフグばかり。
水面下でウキがとまり、なかなか食い込まない。そこでコマセの位置は変更せず、
仕掛けをさらに竿一本ぐらい向こうに入れて、タナも9mに変更。
今度はなじんでから、なかなかアタリがでない。
エサトリがいないのかと期待したら道糸まで出る分かりやすいアタリで
縁起物の初チヌをゲット。同じようなところで続けてもう1枚ゲット。
初釣りなのでそろそろやめようかと思っていたら、ちょうど風も強くなり
本年初は3時間の釣行で無事終了となった。
d0138246_15234606.jpg
サイズは35前後だが、大満足。雨も降らずに幸先良いスタートが切れたことに感謝。
今年も安全かつ楽しい釣行に期待したい。


[PR]
# by fuka109 | 2014-01-02 15:32 | ふかせ釣り

2013年も釣りおさめとなりました。

最近は週末になると荒天が続き、竿だし出来ぬままに年末休みに突入。予定との兼ね合いから、雨風にみぞれも混じる
最悪の日ではありましたが、とりあえず竿を出すだけ出して、おさめとしました。
もちろん外浦は大荒れ。。。とりあえず波だけは穏やかな某所へ。
d0138246_21430867.jpg
生命反応が時折ウキに出るが、ハリがかりもなかなかしない。
チヌ針3号からいっきにグレ針の6号に代えてみる。
今日は、自作環つきウキだいたい2B(笑)で開始。
環つきウキはメーカー品が非常に少なくなっており、
買えないので自分で10個ぐらい作ってみた。
手持ちで最近出番のない3B前後のドングリ。相当な数があり、ビックリした。
3B前後のウキだけで数万円ほど気づかないうちに買っていたようだ(笑)
環つきはなじみが早い。横からの強風で上潮が滑っても、
なんとか想定の範囲内でなじむ。
本当に小さいコッパやメバル、ガシラなどポツポツ釣れだした。
途中、あられがラッシュで降ってきて、コマセにあられがうっすら積もる。
だんだんとテンションも下がりだしたころ、今度はナマコ引きが目の前に・・・・
とりあえず生命反応があったことでよしとして、本年の釣りは終了となりました。
とにもかくにも無事に今年の釣りを終えれたことに感謝です。

今年は春が低水温、秋は週末荒れや仕事が忙しいなどで、
なかなか満足のいく釣果とはならなかった。
来年も参加できそうな大会には積極的に参加することと、
磯マダイの良型ゲットを目標として頑張ろう!!!

[PR]
# by fuka109 | 2013-12-30 22:02 | ふかせ釣り

秋磯その4???

久々に休みと海況がかみ合い外浦へ。すこしうねりもあり海の状況はよさげに見えた。
d0138246_20355204.jpg
開始早々は秋磯らしく30前後までのメジナ多数。メジナの地合いが終わってからが本番なのでせっせとオキアミを撒き続ける。今日もといったほうがいいが、0cにG5仕掛け。表層はメジナばかりなので途中からハリスにG6を追加した。潮は向かって左から右後方へ回り込むような状況が延々と続く。メジナの地合いが終了するとサシエが生でも残ることが増えてきた。深めのタナまで入れて流し続けるが、ごくごく稀にメジナがくるだけ???水温も19度前後で本来なら活発なはずのえさとりも深場ではほとんどヒットしないのはなぜか???寒い日があって急に水温が低下したためなのか?海況がずっと変わらず、仕掛けを軽くしたり重くしたり投入点を変えてコマセの効いていそうな場所を探すもタイ系の魚はつれず・・・完敗だ。。荒れ模様が多くなってきた。あと何回これるかな。

[PR]
# by fuka109 | 2013-11-18 20:40

秋磯その3

雨に北東風予報だったが、午前中は大丈夫だろうということで秋磯その3へ。
最近結構外浦荒れてたので、海もうすにごりがある。
今日のウキは0cにG5で開始。コマセに突っ込む活発なメジナがみえる。
30センチぐらいまでのメジナが連発するなか、同行者に重量感タップリの引きで
チヌの50アップ。最近同行者が年無しを釣るのに遭遇するがワタクシには・・・
メジナも薄くなってきたころ、フクラギゲット。今日はずっと右への潮で変わらない。
仕掛けのなじみが遅いように感じたのでジンタンを追加し、コマセが効いていそうな
右奥に入るように仕掛けを投入。穂先をオジギさせたのは本命の45アップマダイさま。
そのあと40アップのチヌもつれて本日の釣り終了。
岸べでは地元のかたがたが清掃。ゴミや流木などをたくさん集めておられた。(感謝)
d0138246_16282692.jpg

マダイのサイズも上がってきたか?そろそろデカマダイ!!!狙いたい。
[PR]
# by fuka109 | 2013-10-20 16:28 | ふかせ釣り

秋磯その2

だんだんと朝晩は涼しくなってきたようだが、日中はまだまだ25度以上。外浦界隈の水温も25度以上のところが多く、例年よりも高めかも?9月も終わりなのでそろそろ磯ブヨもいないかなーと思いながら今回は釣友2人と一緒に外浦へ。早朝はかなり涼しく寒いほど。明るくなってから釣友2人とは別の磯にひとりで乗せてもらったが、ブヨがいっぱい!おまけに大きな蚊がズボンの上から刺してくるのでかゆくて釣りに集中できないほど。。。。一方、海の中はオキアミを撒いてもそれほど魚もいないようだ。潮は正面向かって右の方から磯を巻き込むようにやや後方へ流れている。今日はG5だけの00仕掛けで開始。
d0138246_218242.jpg

生オキアミでも残ってくることが多い中、ゴンとひったくっていったのはチャリコさん。続いてチンタさん。しばらくするとコマセに30前後のグレの群れが寄りだした。深めでサシエと合うようにイメージしながら仕掛けを入れているのでグレはあまりかからない。稀に沈下途中でコッパがくる。エサトリも少し出てきたが、磯際からほとんど離れない。何かいるのかな~と思っていたら、40センチぐらいぁw)€フフクラギがつれた。スカリに入れる際に脱走されたが・・・。生オキアミがとられるようになったので、ボイルのサシエを使う。こんどはまったくとられない?。上層にとどめるとグレ、深いところまで入れてみると残るということが多くなった。風も変わり右から。潮も変化してきて自分の左前方向に向かって流れる潮とそれに自分の後方からの引かれ潮で潮目ができてきた。壁にコマセが溜まってそうなので、仕掛けを潮の両側から交互に入れて、なじみの良い場所を探ってると明確な穂先までのアタリで35センチぐらいの赤いやつ。次に40ぐらいの黒いやつ。続いてチンタさん。。と退屈はしなかった。ブヨが早くいなくなると秋磯も快適になるのだが。別場所の二人はチヌばかりで45ぐらいまでを数枚だった。とにかくこの時期は魚の引きが大変強いので40前後の魚でも十分に楽しい。もう少し水温が下がると型も含めて期待できそうだ。後は休日の天候次第か。
d0138246_2110440.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2013-10-01 21:10 | ふかせ釣り

秋磯開幕戦

今年の夏もやっぱり暑かったのと、公私ともあまりの忙しさで超久々の釣行となりました。
外浦現地の水温は27度ぐらいととっても温かい。マダイの適温は25度ぐらいまでと聞いたことがあるので、もう少し水温が下がらないと厳しいかも。ということで今日はチヌでも狙ってということで、雨予報にもかかわらず秋磯の開幕戦となった。
d0138246_2053440.jpg

海はうす濁り。おそらく最近コマセが入ってなかったようで、オキアミをまいてもほとんど何もでてこない。潮もほとんど動いていないようで、オキアミが真っ直ぐ沈下していく。今日は0αにG5で開始。生オキアミのサシエもなかなか取られない。あいかわらず魚が少ないようだ。開始早々同行者が竿を曲げ、本日の本命チヌ。35センチぐらい。その直後、深くまで入った私の仕掛けを少し張ると穂先が軽くおじぎした。こちらも小さいが本命のおチヌさまゲット。とりあえず6時前には二人とも本命ゲットで安心(笑)その後、同行者は年無を含めてコンスタントに本命ゲットのあげくに、青物までお土産にしてしまった。その間ワタクシは2バラシ・・・・それほどの型でもないが、途中でのハリハズレ。チヌ以外の魚がまったくつれない中、雨も少しひどくなってきた。コマセはまだまだあるが、かなり満喫モード。サシエをボイルに変更して少し遠投してみる。やはり潮は動いていないが強めに張りながらアタリを待っていると、穂先が少しオジギしてもどった。ちょっと送り込んてみると手元までのアタリが。竿をあまりたたかなかったので魚が何かなかなか分からなかったが、まあまあのチヌ。かなり手ごたえも楽しめたので実質3時間だったが開幕戦を終えて撤収した。
d0138246_20301714.jpg

d0138246_20283254.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2013-09-15 20:33 | ふかせ釣り

夏磯は暑い!

最高気温も30度を超えるような日が多くなってきた。仕事も忙しく、最近海から遠ざかっていたが、今日は初めて夕マズメ狙いで午後から外浦へ行ってみた。午後1時の輪島は28度。思ったほどの気温ではない。ただ、天気は晴れなのでボートやコマセの準備をして磯に上がるまでに大汗をかく。これから涼しくなるはず?と思いながら仕掛けを作る。もちろん磯はがら空き(笑)でどこでも乗りたい放題。今日は久々の場所だ。
d0138246_2071842.jpg

今日も長ハリスに最初は0αで始める。海は割りとおだやかだが、結構透明度が高い。コマセを入れる前から子フグが磯のまわりをうろつく。サバカラーのフグだ。足が速いので結構やっかいだ。とりあえず、オキアミのみを撒く。かなりの子フグだ!
d0138246_20113372.jpg

今日は5キロしか持ってきてないので、肝心のマズメまで足りるか心配になってきた。サシエも最初は生で開始。潮は右に流れ、磯を巻き込むように後方へ。ウキ下のマーカーがなかなか落ちず、仕掛けのなじみがよくない。早々にウキを穴径の大きい00に変更。G5を1個うってみる。今度はいい感じで入っていった。潮は遅いのでゆっくり仕掛けをかなり入れていったところで、穂先までのアタリ。30ぐらいの口太だ。この後はえさとりの活性が上がって生オキアミでは持たなくなったのでボイルにチェンジ。磯際にはフグ中心にかなりのエサトリがいるが、少し沖目に仕掛けを入れると相当流してもボイルは残る。あいかわらず深めのところにまともな魚はいないようだ。ハリスを細くすればグレももっと狙えるかもしれないが、あくまでマダイ狙いなので2号ハリス。4時半すぎまで延々と色々なパターンを試すが潮も状況も変わらない。気温はかなり下がって全く暑くないのは救いであったが、ごくまれにつれる口太か根魚以外、まともなアタリがない。
左からずっと吹いていた風が少し強くなってきた。潮は右方向だが、上潮に押されて潮に乗りにくくなってきたのでg7を2個追加して張り気味に。ゆっくりなじみ潮に乗って少し流したところで糸が張った。アタリだ。軽くあわせると重量感のある引きで沖に向かう。竿もたたかない。それほどの大きさではないがマダイか!と思い竿を大きく曲げて走りをとめる。2号ハリスを活かしてグングン寄せると竿下で急にゴンゴンとたたく。。黒い方のようだ。タモ入れしたのは45アップだった。馬力のあるいい引きで結構楽しめた。ハリを交換して再度投入すると、潮が当て気味に変わってきた。当て潮は仕掛けの張りに注意すれば釣れるので自分的にはイヤではない。予想とおりチヌは活性が上がってきたようで、ハリ気味にした仕掛けにポツポツとあたる。しかし型が小さいのが少し残念だ。今年の輪島界隈はチヌの型、数ともなんか不調が続いている。
d0138246_20345361.jpg

時計は5時半をまわった。あて潮から左方向へと潮が変わってきた。コマセも少なくなってきている。とりあえず残りすくないコマセをピッチ上げて撒く。道糸はそこそこの速さで出て行っている。いい感じになったが少し時間が遅いか。もうすぐ6時。強めに張りを入れて仕掛けを浮かせようとしたとき、道糸が水面から持ち上がった。アタリだ!あわせると今年一番の重量感。何度か糸を出し、ようやく走りが弱まったので竿を絞る。だんだんと寄ってきた。突然、抵抗がなくなった。バラシだ。。。チモトでスパッと切れていた。結構近くまで寄せたので非常に残念だが、良いアタリがあっただけでも今年は感謝かも。ほどなく時間切れで終了。
夕マズメ狙いもなかなかいいかも。
d0138246_20423851.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2013-07-21 20:44 | ふかせ釣り

まだまだあきらめずに外浦へ

d0138246_20191779.jpg

最近天気には恵まれるが、いかんせん釣果が・・・・・・ということで今週も外浦へ。新場所での夏フカセを予定していたが諸事情から別場所へ。しかし近くで大型が出たという情報もあるので若干期待。海の状況は悪くなさそうだが、朝イチはほとんど潮が動いていない。
d0138246_20235497.jpg

今日はオキアミ6キロにグレ用の軽いコマセを追加してやってみる。コマセをまくと表層はそこそこエサトリが見える。仕掛けは最近出番の多い長ハリスの中に0α。ノーガンでも十分探っていけるのでまずはノーガンから。コマセに向かって時折下から突っ込んでくるメジナの数が多いが、少し離して投入したサシエは無傷で上がってくることが多い。今日も表層のみ活性が高く、中層以下には魚があまりいないようだ????コマセを撒いているうちに、30センチ以上のサヨリが大群でやってきて、磯の周りから離れなくなった。しかし、本当に表層のみなのでその下に入ればやはり延々サシエが残る。潮も今日はほとんど動かず厳しい状況。チヌもまったく反応がない。一体、魚はどこへやら。。。惰性の時間が続いてサシエも残らないことが多くなってきた。G5オモリを追加、少し遠投して、マキエも遠くまで投げてみる。しばらくして道糸までのアタリ。大型か??と思わすアタリも竿で目いっぱいタメると重量感はさほどない。元気よく走り回ってたのしませてくれたのは40アップのマダイ。中層でのアタリのようだった。たまたまの魚だろう。
d0138246_2022494.jpg

今日は2人でこれ1枚のみ。あとは30未満のメジナが何枚か。。
来週以降暑くなりそうだが、場所を変えて粘ってみるかな~
[PR]
# by fuka109 | 2013-07-01 20:25 | ふかせ釣り

マダイを求めてまたまた外浦へ

またまたマダイ狙いで外浦へ・・・・
天気もよくナギ。
d0138246_20411585.jpg

こんな日の方が以外と潮も動くので期待値も上がる。朝は気温も低く少し寒さを感じる中、まずはオキアミのみを足元に撒く。すると子ふぐ中心にかなりのエサトリが見えてきた。少し不安になるものの仕掛けをつくる。今日は環つきで色々とウキを変えて釣ってみることに。まずは00から。潮は正面向かって左方向にゆっくりと流れている。オキアミを撒くがエサトリが食べつくしているようで潮下まで効くのか不安になってきた。今日もオキアミ6キロのみ。もう1枚あれば十分撒けたかな~と思いながら釣り開始。道糸もハリスも2号。竿はアテンダー2。最初は生オキアミでやる。表層はえさとり多いように思ったが、投入点をずらすとまったく問題ない。気持ちの良いアタリで30未満の口太が連発。朝イチは色々と活性が高いようで同行者のドラグを鳴らしたのは青物。その後は表層にトビウオが泳ぎだし、ヒットするようになった(笑)釣り人生で初めてトビウオを釣った。もっとジャンプしたり飛んだりするかと思っていたがほとんど引かない魚だった。生オキアミだと表層で何かが釣れるかなくなり、ボイルだと残り延々流しても何も釣れない状況に。
開始から2時間、そろそろ眠くなってきたころに潮が左前方に流れ出した。ここはチャンス!と思いマキエのピッチ大幅アップ。すると数分後に一気に穂先までアタリが。重量感はそれほどないもののマダイだ。何度か突っ込まれてレバー開放しながら寄せてくる。タモ入れ直前は本当にキレイなマダイ様。
d0138246_20374066.jpg

潮は同じ状況なのでさらに同行者とマキエを撒く。またまた気持ちよいアタリで今度は30センチぐらいの子マダイ。その後は潮が緩み地合い終了。延々流して誘いいれまくりで40ぐらいのチヌを追加。同行者もマダイの30アップゲット。でも口の中にマダイ特有の白い虫発見で絶叫(笑)即リリースした。生でもボイルでも餌が残る回数が多い。表層はエサトリ多いが・・・・チヌもなかなか釣れないしやっぱり変な今年の外浦。途中スコールに逢いびしょぬれになったがすぐに乾いた。このくらいの気温ならまだ、何度か挑戦できそうだ。
d0138246_2040859.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2013-06-24 20:43 | ふかせ釣り

能登島と外浦

しばらく忙しくてさぼってましたのでまとめて更新を。
まずは某社主催の能登島大会へ参加。能登島は釣りを始めたころ、(まだ橋が有料だったころ)は頻繁に通っていた思い出が多い場所。釣り場に関しては本当に知り尽くした感があるものの、直近の情報がほとんどないため、深場にするか浅場にするかで、当日の朝まで迷った。当日の朝の南西系から北系に変わるという予報を信じて場所セレクト。(これが・・・・)
受付をすませて5時のスタート。釣り場についてコマセをとりあえず足元に入れ、仕掛けを準備する。すでに足元にはエサトリの塊が見える。。。足元からなだらかに深くなる能登島特有のポイントなので、藻のキワにコマセを大目で仕掛けは竿4本ぐらい前に。1投目からひったくるアタリでチンタ様が・・・ウワサ通りのチンタラッシュか。今回は30センチ以上が検量対象なのだが、時折つれるのは、27サイズばかり???
d0138246_2143971.jpg

ポイント、タナ、えさを変えて色々やるもサイズアップなし。9時ぐらいに前日下見した浅場への移動も考えるも、北風の予報がちらつき断念。結局、そのまま最後までやり続けるも状況変化なしで終了。本当に大会で検量サイズを釣るのは難しい。。
d0138246_2154037.jpg


次は懲りずに外浦へ。今年一番の凪な海。エサトリが心配されるのでマキエは配合なしのオキアミのみで。前回同様の長ハリスG61個の全層で開始。開始早々はそこそこエサトリも見えるが、サシエは時々残る。潮は左にゆるく流れ続けている。潮下に上がった釣友にマキエが効いているのか時々良型チヌをゲットしている。潮上のこっちは下まで入れるとカサゴのオンパレード。中層ではアタリなしが延々と続く。ちょっと潮が緩んだときに、穂先にゴツンとアタリが。フグ?かなと思って軽くきいてみると、走り出した。あまり重量感はないがマダイだ。元気いっぱいの走りでなかなか寄らなかったのは40ちょいぐらい。久々にキレイなマダイを見てすでに満喫。同磯した釣友になかなか本命が来なかったので、半誘導に仕掛けを変更してもらって、1本から1本半の間を試してもらう。サシエは相変わらず残ることが多く、あきらめかけた頃にウキがみるみる海中に。かなり頑張って釣友を満足させたのは40真ん中ぐらいのチヌ。無事、全員何か釣ったので早々にご帰宅となった。久々にマダイの刺身を食べたので大満足。このあとは暑さが我慢できなくなるまで大型狙い一本で磯通いです。
d0138246_217167.jpg

↓は3人の釣果。チヌはマックス49ぐらいかな。
d0138246_2192398.jpg

やはり釣果はかんばしくない・・・・・・・どうなってるの???
[PR]
# by fuka109 | 2013-06-17 21:12 | ふかせ釣り

今年の外浦は何かおかしい???外浦釣行1.2.3

それにしても今年ののっこみは何かがおかしい・・・・
富山湾では地方よりの小網や定置網にチヌの群れがあまり入ってこないらしい。
能登外浦では4月末ごろにそこそこ釣れたようだが、ここ最近は低調が続いているらしい。
ということで、外浦へのっこみチヌ狙いで釣行。

その1。そこそこウネリも残る中、なんとか磯に上がる。海況は相変わらずいい感じだが
表層水温はなんと13.6度となっていた。5月中旬の水温とは思えない・・・・・・・・・
案の定、開始から2時間たってもベラ1匹のみ。サシエがひたすら残り続ける展開。
おまけに潮も澄みわたってきた。ハリスも1.2号までおとし、全層、半誘導で根がかり覚悟で
竿2本以上のタナまでせめてみるものの、全くの不発。他の磯の人も早々撤収していた。
d0138246_1937931.jpg


その2。天候も海況も今年きた外浦で一番。表面水温も15.6度まで上昇している。
d0138246_19421725.jpg

昇る朝日を拝みながら期待値マックスで開始。今回はハリスを長くとり、その中にウキを
入れた全層。とりあえず風も弱く潮も少し動いているので様子見のノーガンから。
朝一はコマセに早く反応したメジナが良いアタリを出すも、すぐに沈黙。
中層は色々やってみるも全く反応がないので、0cウキにG5を1個追加してタナを稼ぐ作戦に。
かなり深く入れても反応がないので、穂先を引っ張ってしつこく誘いをかける。
しかしなかなか生命反応がない。かなり時間もたち、少しダレてきたころ誘いをかけた
穂先が少しおじぎした。あわせてみるととにかく重い。引きはそれほどでもないが重量感
を見せて上がってきたのは年無しモドキ(49ぐらい)。やはりいると確信して色々と
やるも後が続かない。またしばらくして誘いをかけたときに藻がからんだように重かった
ので回収しようとすると、チヌがついてきた(笑)完全につれた魚クンだ。
途中になぜか大きなウマズラ。終盤に初めて指先までのアタリでチヌ。
ハリ外れ1回とあわせて40アップ3枚は、このコンディションでは出来すぎかも。
d0138246_2042820.jpg

帰りに釣具店で情報収集するも、とにかく低調とのこと。
例年爆となる超一級ポイントでもボーが続いているらしい。もしかしてノッコミ終了?
チヌの腹はまだまだこれからのような大きさだったが????

その3。どうしてもという釣友の付き合いで外浦連荘。早起き2連発で相当疲労。
狙いのポイントには全て先行者あり。しょうがないので、普段あまりあがったことのない
磯に挑戦。開始早々はえさとりも全くいない状況で、期待値も上がったが、その後は
ボイルオキアミもいつ取られたか分からないような状況に一変。
もともとお疲れモードもあり、やる気なしモードに。釣友になんとか1枚でも釣って
もらいたいので色々とフォローするも、エサトリの猛攻になすすべなく・・・・・・

なんか今年の外浦はやはりおかしい???のっこみは終わったのか?
(本命ポイントもやはりつれてなかったようだ。)
マダイの活性が上がるまでしばらく様子を見た方がよいのかも・・・・
[PR]
# by fuka109 | 2013-05-26 20:15 | ふかせ釣り

またまた大会へ

今週も某メーカー主催の大会へ参戦。
AM4時前には現地について、前日忙しくて準備できなかったコマセをまぜまぜ。
今日のコマセはオキアミ6Kと配合が4kぐらい。36センチバッカンはピッタシ満タンだ。
受付が始まったので番号を引く。地方大会の場合は大半がこのくじ引きで決まってしまう
ことが多い。なぜなら、渡船の順番、さらにはどの場所で降ろされるかがかかっているからだ。
今年の番号は一桁だった。とりあえず1番船だ。雨は降っているものの、波は落ち着いていて
前回と違い磯に乗れそうな感じだ。1番と2番のクジを引いた方々は、この場所界隈では
ベストな沖磯で降りた。そこは過去に優勝が何度か出た良い場所だ。私も一度は
そこに上がってみたい。私の番が来た。ほとんど地方よりの場所。磯周りも結構浅そうで
船着き場以外は期待できなさそうな・・・・やはり相変わらずクジ運なしか・・・と弱気になる。
しかも磯周りにはコマセを入れる前からフグがいっぱい泳いでいるのが見える。
d0138246_18314763.jpg

d0138246_18323430.jpg

優先権は同磯した方にあるので、ヨサげな船着場はゆずって、しょうがないので浅場へ。
今日の仕掛けはG5の半誘導から開始。ポイントは15mぐらい前のシモリ際に決めて
タナは2ヒロ半ぐらいから。6時の開始でお互いに声を掛け合い始める。
予想とおりフグの活性が高いようだ。ウキがしもっても持っていかない。
ハリも何本か取られた。船着場もサツマイモのようなフグにてやられているよう。
うーんという感じ。これが大会だ。普段はつれるところで釣りをしているということ再認識。
場所が選べないというのは本当に釣りの難易度が上がる。開始早々から戦意喪失
というわけにもいかないので、ウキを変えたりタナをあげたり下げたり、ハリやサシエなど色々と
思いつく限りの工夫をする。陸からの風でウミはベタベタ。潮もほとんど動かず
雨も酷くなってきた。私のカッパは使いこんだためか結構シミてくる(笑)
2時間ぐらい何をしても変化がない。頭にきてコマセをかなり多めにシモリ際へ入れて
缶コーヒーをイッキ飲み。そのあとの1投目でウキがだんだんとシモッていった。
道糸が動くまで辛抱してからあわせると、チヌの引き!いつもの3倍丁寧に取り込んだのは
35センチぐらいか。とりあえずの1匹でテンション上がる。3時間で場所交代となるので、
なんとかこの場所でと考え、さらにコマセの量を増やす。しばらくはまたフグパラダイス
になったが、20分ぐらいしたらサシエが2回残った。チャンスと思ってサシエを加工オキアミ
から生に変更。またまたゆっくりシモッたが道糸までは動かない。少しはると生命反応
あるので軽くあわせると根がかり的な感じ。良型を確信しつつ、慎重にやりとり。
とにかく元気でなかなか寄ってこない。手前のシモリ際でさらに抵抗。
やっと空気を吸わせて取り込んだのはほぼ年無しクラス!テンションマックスになったところで
同磯者から場所交代を告げられた。しっかり釣った場所を確認されていたようで、
変わって早々に45ぐらいをゲットしていた。。。。もう10分あれば・・・とこれが大会だ!
場所変更してからは予報とおり北西が強くなってきた。仕掛けを少し重めの半誘導に変更して
タナ8mぐらいを上げ下げして船着場を攻める。が延々フグのあたりが続く。
浅場に入った同磯者も後が続かずボラを連発。
あと1枚でもと思い、精一杯頑張るが時間切れ。さすがに5枚出しで2枚は問題外。
と思っていたが、帰りの船で有望磯の人もノーフィッシュが多いことがわかってきた。
どうも、深場がよくなかったようだ。検量にだすと、大きい方が49.5センチ。
結果から言えば船内順位で2位。1位のみが全国大会出場なので、今回も予選落ちだ(笑)
本当にいつもあと1枚に泣かされる。
d0138246_18581974.jpg

また来年も機会があれば挑戦したい。
行き帰りの運転もしてくれたNクンには本当に感謝。
来年はコマセをいっぱい持ってきてね~。
[PR]
# by fuka109 | 2013-05-12 19:00 | ふかせ釣り

連休後半 ~その磯再挑戦とチンタ釣り~

なか3日の仕事を終えて後半戦スタート。
家族サービスも必要なので釣行は2回を予定。

まずは、先日だめだった能登外浦へ。
d0138246_13212672.jpg

先日ほどではないが今回も結構荒れている。
この連休は南西風がずっと強めでなかなかナギにはならない。
今日はタナを色々と探ってみたいので、最初からG2の半誘導で開始。
うねりの払い出しと潮もあり、仕掛けが磯前に出て行く。
これが六月ぐらいだとマダイの可能性が高くなるような海況だ!しかし
表層水温は前回とほとんど変わらず12度以下。予想とおりの激シブかと
思いきや開始早々同行N氏の全層に中マダイがヒット。活性高い?・・・わけもなく
ワタクシの初アタリはなんとホッケ!この時期にこんな場所で釣ったことはもちろん
初めてだ。その後は何もつれない状況が続き、時折くる大きなウネリも
気になってきたころ、沖に出て行く潮に乗った仕掛けが入って40アップのチヌ。
久々に持ち帰って美味しくいただいた。
d0138246_13364170.jpg

内浦に場所変更してみたが、そちらも生命反応なく、不完全燃焼で初日終了。

翌日は魚のアタリ欲しさで近場の鉄板場所へ。
事前情報で小型中心?とのことだったが、まさにそのとおりの展開となった。
海況はそこそこで海も薄くにごっている。
d0138246_13403323.jpg

タナは2ヒロG5で固定。一投目からチンタが仕掛けをひったくっていった。
その後もフグやボラ混じりでチンタラッシュ。3時間ほどで15枚以上つれたかも(笑)
しかし本当に小さいのばかりで秋の数釣りのよう。同行者がチンタも全部欲しいとのことで
今日はマイクロチンタ以外はキープとなった。
d0138246_13444394.jpg

それにしてもさっぱりな連休となったものだ。
この後の水温上昇と高活性に期待。
[PR]
# by fuka109 | 2013-05-06 13:47 | ふかせ釣り

連休前半 ~大会と荒れ磯などなど~

連休前半はぱっとしないさみしい状況だったのでダイジェストで。

まずは、某メーカー主催の大会に参加。
d0138246_1219240.jpg

事前天気予報とおりの荒れのため、外海に出れずなんと港から数分のテトラへ(笑)
ここは以前の大会でも同じくあれで乗せられて生命反応皆無だったとこ。
もう少し水温高くなれば釣れる場所らしいが今年は低水温が続いているようで、
この界隈ものっこみは遅れているという事前情報。
d0138246_12222599.jpg

しかもゼッケン番号が最後尾のワタクシには場所選択権もない。。。。
皆さんが入られた最後に釣り場を選んで開始。以前も上がったことがあるので
適当に全層00から開始。手前まで藻がびっしりで水深は竿2本前ぐらいで7mぐらいか。
d0138246_12293995.jpg

潮はほんの少しだけ動くが全くエサが取られない。時折小さなフグがかじる程度だ。
開始1時間でテンションほとんど0に。半誘導にして遠投など色々とやるも予想とおりの×点。
大会で魚を釣ることは本当に難しいですわ。。。。。

続いて今年初の能登磯へ
やはり水温が上昇せず、厳しいと噂の能登外浦へ今年初渡磯。
海はかなりの荒れているが海況は本当に最高に見えた。
(水温が低いことを除いては・・・・・・)
d0138246_1235733.jpg
d0138246_12361745.jpg

時折フグが泳いでいるのは見えるがアタリは皆無。。。。。
今日も00から開始で途中G2の半誘導に切り替えて、5Mから10Mぐらいまでタナを
かなり丁寧に探ってみるも、たまにサシエが取られる程度。上がってくるサシエはいつも
冷たくなっており、今年はよほどの低水温なのかもしれない。
海面の表層が12度未満という状況。だいたい能登界隈は13度ぐらいがのっこみライン
と思っているがそれより1度は低いかも。結局生き物がまったくつれないままに終了となった。
こんないい磯でもつれないとは・・・・・結果として、連休前半はチヌの姿を見れず。
[PR]
# by fuka109 | 2013-05-06 12:43 | ふかせ釣り

のっこみ中?のはず?

そろそろ外浦と思い早起きも、やはりウネリ大きく狙いの磯は上がれず・・・
またまた先週に続き内浦へ。最初の3時間、まったく釣れず。テンション00に。。
風もないのでウキも全層00にアタリウキをつけてみた。アタリウキのタナは2ヒロ半ぐらい。
時々フグがつれるが生命反応が少ない。例年に比べると水温が低めなのかも。
なんと今朝の能登では一部-2度のところもあったぐらい。
風が少し強くなり、風に押された上潮に乗って流れていくアタリウキがしもった。
しかしすぐに浮いてきた。やはりフグか?再度しもったところで張ってみると
アタリウキとウキがだんだん入っていって、道糸までのアタリで
本日最大の40ぐらいゲット。
その後また、1時間ぐらい何もなし。風が少し強くなってきたので、G5にウキ交換。
コマセも少なくなってきたころからチヌが寄りだしたようで、連打。
しかしなぜか30前後が多い。おまけに20センチぐらいも(笑)
結局2人で20枚ぐらい釣ったかも。小さいのはリリース。
d0138246_18274558.jpg

来週は遠征予定。磯が楽しみ
[PR]
# by fuka109 | 2013-04-20 18:29 | ふかせ釣り

いよいよのっこみに突入

今年はここ数年では割と気温も高めな年だったこともあり、例年よりやや早めにのっこみ開始かも。
場所ムラは相当激しいようだが、良い場所に入ればこんな感じ
d0138246_1865265.jpg

久々の45アップ混じりで結構釣れた。おなかはまだまだ小さめ。
そこそこ釣れたが、アタリも2種類。糸まで出るはっきりとしたアタリや、シブシブ設定のG5ウキが
少し沈んでは戻るを繰り返すようなアタリで口皮一枚とか。。。。
アワセが早く3枚ほどハリはずれもあった。
魚が寄ってからはタナをどんどん浅めにして最後は2ヒロちょうどでもOKだった。
これから連休明けぐらいまでがのっこみ最盛期かも。

来週あたりから外浦にでも参戦しますか。
[PR]
# by fuka109 | 2013-04-07 18:13 | ふかせ釣り

まだまだ水温低くしぶいな

天気は時々薄日もさすが雲ぎみ。おまけに寒の戻りで最高気温も低くて、風が吹くと体感温度はほとんどマイナスになるような寒い日だった。人の数もポツポツ程度。のっこみには少し早いし、例年この時期が最も釣果が読めない難しい季節だ。あと二週間ぐらいで早いところは釣れだすのだが・・・・・
とにかく今日もしぶい!生命反応がすくなく本当に時折しかエサもとられない状況が延々と。。。。。
タナを変えたり、ハリスも細くして、サシエも色々と工夫してなんとか40ぐらいまで。
d0138246_12143663.jpg

チヌは大きなエサの方がいいという話も聞くし、実際そうだと思うこともあるが、今日は本当にMサイズオキアミの胴体だけを小さなハリにつけてやっと皮に引っかかったみたいなのが多かったな。
もうs2度か3度水温が上がれば活性もあがるかも。あと2週間ぐらいか。
[PR]
# by fuka109 | 2013-03-31 12:17 | ふかせ釣り

今週も良い天気。

最近、週末晴れとなることが多いので、釣りも気分がいい。
今日は型はイマイチだったがアタリが多くて結構楽しめた。
ノッコミまでもう少しといったところか。
d0138246_816350.jpg

d0138246_8165972.jpg

今リールに巻いてある道糸は4回ぐらいの使用だが、すでにヨレヨレ。
ウキもなかなか気に入ったのに出会えないが、道糸もおんなじ。
新製品だったのだけど、もう買うことはないかも。
[PR]
# by fuka109 | 2013-03-19 08:21 | ふかせ釣り

晴れだけど向かい風

大変すがすがしい日。だんだんと春の近づきを感じた。
ヨットもでていた。
d0138246_21541622.jpg

今日は向かい風に逆らってしばらく3Bで頑張ってみた。
やたらめったらフグが多くて、ハリを取られること多数。水温も10度ぐらいかな。なんでフグは低水温にも強いのかな~。いい加減冬眠して欲しいわ。。。
海況は向かい風を除けば結構いいが、右から左に結構なあて潮が続いた。
d0138246_21574155.jpg

かろうじてボーを逃れることが出来た35センチぐらいは、アタリもシブイし、結構待ってからあわせたがカカリも渋かった。チンタ一枚を追加で本日終了。
d0138246_220211.jpg

晴れだったので気持ちは良かったが北風の向かい風は寒かったな。
でもだんだん春がやってくる感のある今時分はいい季節だ。
うっすらと空気に色がついているような?花粉と黄砂???
d0138246_223799.jpg

[PR]
# by fuka109 | 2013-03-09 22:07 | ふかせ釣り

気に入ったウキにはなかなか出会えない

今週末は天気も海も荒れ気味だったのでお休みでした。
釣具のメンテのついでに、一軍ポーチのウキを全部洗いました。
磯で最初に使うことが多いウキはグレックスの観00か
d0138246_17293169.jpg

ソルブレの00
d0138246_17302715.jpg

が多い。両方とも穴径も大きく糸抜けもいい。体積の違いはポイントによってセレクト。
ワタクシはウキもテンションがかかるとシモッテいくようなつり方が好きなので潮の状況によっては、穴径があまり大きくないものに変更する。で釣研の0αも結構種類を持っている。
d0138246_1733263.jpg

少し遠投するときとか、このウキも結構出番がある。
d0138246_17344283.jpg

半誘導で多用するのは、グレックス観のB。穴径大きいのでなじみも良くてGOOD!
d0138246_17365397.jpg


あと1月半ぐらいすれば、軽い仕掛けでも釣りが出来るようになる。
あー待ち遠しいー。
[PR]
# by fuka109 | 2013-03-03 17:41 | ふかせ釣り

生命反応少ない?

久々に天気のいい日に釣りが出来た。
d0138246_20412734.jpg

軽いウネリもあるし、ニゴリもある。海況としてはかなりGOODな状況。
今日の仕掛けは、3Bの半誘導。遠投は苦手なので、竿3本前くらいに集中的にコマセを入れてタナは8Mから開始してみる。割合海況もいいので、仕掛けのなじみも早い。
最初はシブシブのあたりでフグ。その後も時折フグが釣れるが、全体的に生命反応は少ない。
まわりも多くの人がいるがポツポツといったところ。タナをいじりながら色々やってみるが、サシエが延々と残るので、さすがに飽きてきた(笑)半誘導の釣りでポイント釣法だと、だんだんとヒマになってくるのは私だけ??潮が当て気味になってきたころ、初めて一気にウキが見えなくなるアタリ。ネズレに注意してあまり強引なやりとりをしないでそっと取り込んだのは30後半か?とりえずボー逃れ。その後、もそっとしたアタリで定番カレイ(笑)煮付けが美味しいのでキープ。
3Kオキアミ+3Kコマセもなくなりかけたころ、またまた消しこむアタリ。あわせた時に、すでに何かに触れている感覚が・・・しばらく竿をたてたまま、緩めのテンションをかけてみるが、ゴンゴンというあたりはするものの、外れる感じがしない。ダメかなーと思ったところでハリスがブレイク。
それほどの型でもなかったが、少し残念。あて潮もきつくなったので撤収。
d0138246_20512131.jpg


天気のいい日の釣りは気持ちがいい。
d0138246_2052327.jpg

しかし半誘導は飽きてきたし、来週からどうするか・・スキーにでも行こうか・・・
[PR]
# by fuka109 | 2013-02-19 20:55 | ふかせ釣り

全層の場合ウキを浮かす?沈める?

もちろん、海況に合わせて浮かしたり沈めたりというのが優等生の答えではあるが・・・・実際のところは?
ということで、実体験を簡単にまとめてみる。

私もよく行く富山湾や能登周辺など、メインターゲットがチヌなどの場合、大体釣れるタナは深め。
それを前提として考えるとウキを浮かした全層は、ノッコミ期を除き、ここらのフィールドではあまり適していないのではないかと思う。ウキを浮かした状態では、潮がある程度動かないと軽い全層仕掛けでは竿1本以上入れ込むことがなかなか難しいからだ。もちろん魚の活性が高ければ問題はないが、そういったケースはいつもあるわけでもない。また、浮かしたウキは二枚潮にも弱いし、風の影響も受けやすく、仕掛けを入れるためにかなり神経、テクニックを使わなければならない。
そいったこともあって、最近はとりあえず00ウキか0αぐらいで始めることが多い。かれこれ10年ぐらい能登界隈で軽めの全層釣り中心にやってきた、一つの答えだと思っている。

風が弱く、そこそこ潮も効いているというベストな状況であれば、穴径の大きめの00か0αでノーガン釣りが楽しめる。サシエまでなじむと、だんだんウキもしもっていくというセッティング。滅多にこんな状況はないが、コマセとも同調しやすく、高確率で魚も釣れてくれる。

風が強いが潮もいい感じで動いているときは、穴径の大きめの00か0αにG5などのオモリを段うちして、道糸もやや張り気味にする。そうすることで、早めにウキを水面下にいれ、風の影響を抑えることが出来る。

風だけ強くて、潮が動いていないという悪い状況の時は、穴径も小さな00にして、G3前後を打った重めの仕掛けにし、着水と同時に道糸を張り気味にしたまま、ウキを沈めていったりする。ウキを沈めることでタナを稼いでいくというやり方。

現実の海ではそういった状況が複合的に発生するため、なかなか状況にあわせたベストの仕掛けを維持することが難しい。もちろん私も毎回悩んで釣りしている。
ただ、能登界隈でチヌやマダイを狙う場合は、それほど仕掛けの軽さにこだわる必要は少なく、しっかりとコマセの効いているところに入れることが重要と思う。

潮さえしっかり効いているなら、0ウキにウキ止めをつけた軽い半誘導沈めも張りを作ることができ、有効なシーンも多い。ただ、3B以上を使う半誘導だと、能登界隈の磯場では潮乗りが悪く、釣果が落ちると思う。

とりあえず早く潮の効いた沖磯に上がれる季節になってほしいものだ。。。。。
[PR]
# by fuka109 | 2013-02-13 21:11 | ひとりごち

久々の全層でグレてみた

最近、週末になると天候悪くなり、なかなか釣りに行く気になれなかった。
しかし久々の3連休なのでムリして行ってみた。
5B遠投は楽しくない(笑)ので、富山湾でもグレ狙いの人が多い某一文字に。
もちろんワタクシもグレ狙い(笑)サイズを気にしなければ、ほぼ確実に釣れるのでかなり気は楽かも。なぜかエギを投げる人がたくさんいるので聞いてみると、今年はヤリイカのアタリ年とのこと。結構大きなもみた。

さて、外向きの大きめテトラに乗って、スタート。この場所は数年に1度くらい、しかも大人気ののっこみ時には来たことがない釣り場なので、ポイントがよく分からない。
足場のよさそうなところはどんどん常連さんが入っていって、不慣れなワタクシたちがあまり移動せずいけることろは限られている。
今日はグレックスの00の全層なので、あまり足場の高いところは避けたかったがそういった場所しか分からなかったのでとりあえず入ってみる。
なんかスケスケ。でも近くで35センチ以上のグレもつれたのを見たので気合を入れる。
ハリス1.5号を8m、その先に1.2号を1mぐらいにしてスタート。ウキが移動する部分もフロロなのでなじみも早い。コマセをまいてしばらくすると、グレが突き上げてくるようになってきた。マーカーの走りだけでアタリをひらえる状況が続く。しかしサイズはてのひらから足裏まで。ときおり混じっても30弱ぐらい。潮も左右にうごき安定しない。どれだけ釣っても同じサイズなのでさすがに飽きてきた。
ただ、軽い仕掛けでも潮が動いているのでしっかりなじむ。ゲーム性の高い釣りは楽しい!!

テトラの内内側の方が少しにごっていたのを思い出して、内側に移動。しかしこれがうらめに。。。
内側を向いてしばらくすると、みぞれまじりの向かい風強風・・・・元の場所に移動しようかとおもったらすでに別の人が・・・がまんして内側でやるも、サイズ変わらず。一発だけチヌかと思ったら、40アップのカンダイ(笑)たくさんいると聞いていたのでおどろかなかったが、よくひいいた。

早く磯に上がれるようになって欲しいものだ!とりあえず30ぐらいのグレーを持ってかえって自宅で食べてみた。あぶらものって最高でした。釣り場全体では40アップのグレも出ていたようなのでちょっと残念だが、久々に軽い仕掛けでゲーム性の釣りができて満足。

きょうはみぞれだったので写真はなし
[PR]
# by fuka109 | 2013-02-12 21:01 | ふかせ釣り

チンタ3枚で終了。新湊やはり苦手・・・

雪降る中、おそおそに新湊方面へ。
堤防の上にも積雪が少しあるし天気も悪いので、色々見てまわるも
釣り人は少なめ。 10時ごろから釣り開始。
フェルトなので雪が足裏についてキケン。雪をどけながら時間をかけて
釣り場までたどりついた。そこそこのウネリがある。↓
d0138246_14494436.jpg

低いところはかぶってるので、高い足場から、またまた、5Bで(笑)
タナ6mぐらいから始めるが、子フグがおおいのかエサが残らない。
時々大きなフグとコッパがつれてくる。相変わらずの表層流で右に早い。
タナを8Mぐらいに深くしてみる。雨雪でだんだん寒くなってきたときに
1枚目。しぶしぶのウキが久々に加速して見えなくなった。
その後もフグがぽつぽつでエサは残らない。何がいるのか知りたくなったので
グレバリの5号に変更して、小さなエサで流す。となぜか2枚目のチンタ?
その後もコバリで続けるかやはり何がエサとりなのか不明。
3枚目を釣ったところで北西強風になったので撤収。
d0138246_14575848.jpg

ずっと中遠投だったが、コマセを投げるので肩と腕が痛い。
新湊もそろそろ飽きてきたな~。。。。
[PR]
# by fuka109 | 2013-01-20 14:58 | ふかせ釣り

苦手だわ。冬の新港・・・・

昨年の2月以来の新湊方面へ。ハシゴも怖いし、大きなテトラも
だんだん苦手になってきた。でも、この時期に釣れるところが非常に少ない
富山では、多くの人が集まる人気のポイントだ!
おそおその現地着だが、すでに多くの車。堤防の上も多くの人!
どうやら昨日そこそこ釣れたかららしい。
しかしベタスケで足元の沈みテトラのエッジまではっきり見える。
d0138246_16592898.jpg

グレでも釣って早々に帰ろう。と思いながらも5Bをセットして中遠投(笑)
角地に入ったので、後方左からの風で上潮スベリ。表層10センチぐらいだけが
ピューと流れて、コマセはその下で真下へ沈降(笑)これも冬の新湊だ!
タナを6Mから始めてみる。コッパやメバル、定番のフグなど忙しくアタリがでて
だんだん楽しくなってきた。なじむと沈下するセッティングで、アタリが頻繁。
ところが両隣にジグをなげるルアーマンが・・・・結構狭いところなんですが
一声もないままに入られ、ビュンビュン投げまくる。
今日の釣行は3時間と決めていたのでそのまま続けるも、さすがに釣れる気が・・・・
アタリはポツポツになってきたので、タナを9Mに深くして、ハリもグレバリ5号。
あまりにスケスケなのでハリスも1.2号まで落としてみた。
25センチグレに続いてチンタ。
d0138246_177863.jpg

なんとか魚もつれたので帰宅だ。
まわりではタモ入れの姿も全く見かけなかったが、ずっと遠くではポツポツつれていたらしい。

天気もよくてアタリが多かったからよしとしておこう!
d0138246_17998.jpg


それにしても自分は遠投はヘタだわ。コマセの収束ができないなー
あと、重い仕掛けでタナを決めてただ横に流れるだけの釣りになるので、
長時間は飽きてできないし。。。やっぱり新湊方面は苦手だ。
[PR]
# by fuka109 | 2013-01-14 17:11 | ふかせ釣り

2013 初釣り in能登島

年末年始と雪模様が続き、なかなか初釣りに行くことが出来なかった。
ようやくの晴れ予報でまずは新港方面へ。
場所ムラはあるものの途中の外気温はなんと-10度の表示まで!
道路もバリバリツルツル。
国分界隈↓ 雪多し!
d0138246_11432736.jpg

しかし国分の海況は良い?↓
d0138246_1145162.jpg

一応、クランク辺りまで見に行ってみるも、テトラも雪多く、断念。
せっかくオキアミを2kg解凍したので、年末に良かった能登島へ大移動(笑)
こちらは雪も少なくおだやか。しかも透け気味で期待ウス↓
d0138246_1147113.jpg

初釣りなので海に一礼してから、開始。
想像とおり、全く生命反応がない。3B半誘導のウキに時々出るのは小さなえさとりか?
えさがとられることが一度もないまま、1時間が経過。あー今年の初釣りはノーフィッシュ?
3B+G6でシブシブの仕掛けにもう一個G6を追加して、非常にゆっくりと沈めながらさぐり
を入れていく。竿1本半以上入れると時々エサが取られるが、海草も釣れてくるので
ほとんどベタ底まで入れないと生命反応がないようだ。
何度か繰り返していると、水面下50センチぐらいからいっきにウキがもぐるアタリ。
軽く竿を立てるとボチボチの引き。前回同様、魚にいっぱい走ってもらってから、
海草郡の上をスライドさせて無事、初物ゲット!正味1時間半の釣りで即撤収(笑)
40に少し届かないが、生命反応ない中での貴重な一枚に大満足。
d0138246_11545956.jpg

今年も安全で楽しい釣りができますように。
[PR]
# by fuka109 | 2013-01-06 11:58 | ふかせ釣り

2012 つりおさめ in能登島

いよいよ本年最後のつりおさめ。
予報とおりの大粒雨の中、大荒れ外浦×なので、仕方なしの能登島(笑)
例年、いまの時期はナマコ船が頻繁に釣り場をなめていくので、
釣りにならないことが多いのだ!
釣り場は風裏と車から近いことを選んでの↓
d0138246_1457110.jpg

かなり沖まで藻が生えているので良型がかかった際は、取り込みにコツがいる場所。
雨、風ともに大したことはないのだが、面倒なので早速3B半誘導でスタートした。
(富山湾用のトレーニングということで・・・それにしてもあっという間に竿1本半までなじむわ)
コマセを多めに入れてあった1投目から25センチのチンタ様。
とりあえず納竿は達成か(笑)
その後も2連荘で釣れるか、竿一本半前まである藻にからまって取り込めない・・・
その後、アタリも遠のき、雨のひどくなってきて、かなり戦意ダウンのところで
3Bのシブシブが少しずつ沈んでいき、みえなくなった。
かるくあわせるとまあまあの手ごたえなので、ベールをフリーにして
テンションを軽くかけて魚に走ってもらった。かなり沖まで走らせてから、
竿尻を魚にむけて思い切り浮かす。沖合いである程度まで浮かせたあと、手前に引っ張り
藻の上をスライドさせて無事タモ入れ。35センチぐらい。
その後は時折チンタくるものの、3Bのウキでは食いきらないシブイアタリが続いた。
コマセの流れを見ていると潮はゆるく流れているが、やはり3Bだと重すぎて
しっかりとは流れない。00のようにはいかないということだ。今日はBとかでも良かったかな。
最後に藻のキワを流してみると、いっきにウキが見えなくなるアタリ。
魚まかせで糸をたくさん出すとどんどん出て行く。40アップか。
最後は無事藻の上をスライドでゲット。43センチ。
2kオキアミのコマセが終了で本年の釣りは無事終了となった。
d0138246_15271625.jpg

今日はひさびさのアテンダー初代(笑)ボナンザが効いて水をしっかりはじいていた。
d0138246_15312677.jpg

さて、今年は忙しくて釣行回数が激減したが、外浦で青物など色々楽しめた。大型マダイの
ゲットがなかったのが残念。釣行に同行することが多かった、DさんやNさんに感謝。
来年も安全で楽しい釣りが出来ることを祈りたい。

ではまた来年!
[PR]
# by fuka109 | 2012-12-30 15:32 | ふかせ釣り

大荒れの中、泣きの外浦、もう1回?

またまた波高予想1mのところ、風向き的にはいけると判断して外へ。
前回に比べるとまだましだが、そこそこ荒れていた。
d0138246_2044285.jpg

10過ぎから南西強風となりそうだったので、2時間勝負。
えさとりはコマセがきいてくると少し出てきたが、それほどではない。
コッパ中心にヒットさせるも、潮が弱く、風に道糸を引かれて
なかなか狙いのタナまで軽い仕掛けでは入れれない。
今日のロッドは前回のG4が重かったのでアテンダー2。
d0138246_20472883.jpg

ウキ下のオモリをG5からG3に変更して、道糸をハリ気味でウキごと沈めていく。
突然、ウネリとサラシにもまれていた道糸がパチンと張った。
軽く竿を起こすと重量感のあるマダイ特有の引きで、道糸がバチバチとでていく。
なかなか走りがとまらず瀬ズレも気になるので、ちょっと強引に指で道糸を
押さえてみると、何とかとまった。アテンダー2を目いっぱいまげてやりとり開始。
この重さは今年一番のマダイか!と興奮しながらやりとりするも、突然
軽くなり、2号のハリスがギザギザとなって上がってきた。。。。
なかなか取れないわー。でもそこがいいのよね。
今日のウキは買ったばかりのソルブレ00。なんか浮力表示が少しあってない?
浮力強すぎかも。高い値段なので、少し残念。
その後予報とおりの強風となり撤収。 短い時間だが磯はやはりいいわ。。
なきの2回目あるか?
[PR]
# by fuka109 | 2012-12-16 20:57 | ふかせ釣り

今年最後の大荒れ外浦か??? 

前回に引き続き波高1mから1.5mという予報。
しかし風向きなど考慮してギリギリいけると判断して現地まで。
さすがに北寄りが吹き続ける季節なので海辺にはだれもいない。
今年最後のマダイ狙いかも。
d0138246_21414087.jpg

でも天気だけはバツグン!外気温はなんと0度だった!!激さぶ。。。

見た目以上の上下動のある海。何箇所かボートで近寄るも渡磯できず・・・・
一旦、岸までもどって波が落ちる風を信じて待機。8時半ごろになって少し
波が落ちてきたのでなんとか上がってみた。
d0138246_21444761.jpg


マキエを入れるも、えさとり少なめ。口太が何枚かつれた後で、フクラギが寄りだしてきた。
一本ヒット。あいかわらずよく引くので、腕がパンパン。
しかし後がつづかない。やはりオキアミのみでなく配合入れたほうがよかったか?
陸からの右風が強くなってきたが、潮はあいかわらず左にゆるい。なかなか仕掛けが思った
ように入らない状態が続いたが、急に風がやんで釣りやすくなった。
コマセのまくピッチを上げて、釣友とチヌの45、47をヒット。
それぞれ秋チヌで馬力全開! 相当引いた。
今日のロッドはG4。やはり自分にはアテンダーの調子が好きかも。
d0138246_2151352.jpg


釣友が45チヌを1枚追加で終了。
秋磯もそろそろ終了か。(そもそもマダイがもうつれなさそうだし。)
d0138246_21524221.jpg


今日は前回の反省もあって釣研の穴径が小さめの0αを使ってみたが、
糸ヌケがあまりよくなくで、なかなか思ったようにウキがなじまなかった。

浮力、穴径、などなかなか思ったようなウキに出会えない。
釣友が使っていたソルブレの00はなかなかよさそうだったので仕入れて
みようかな。
でもこれからの季節は3B前後の半誘導が中心の富山湾か(笑)
また来年買おう。
[PR]
# by fuka109 | 2012-11-27 21:57 | ふかせ釣り