人気ブログランキング |


能登半島のふかせ釣り日記


by fukaさん

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ふかせ釣り
ひとりごち

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北陸

画像一覧

夏磯は暑い!

最高気温も30度を超えるような日が多くなってきた。仕事も忙しく、最近海から遠ざかっていたが、今日は初めて夕マズメ狙いで午後から外浦へ行ってみた。午後1時の輪島は28度。思ったほどの気温ではない。ただ、天気は晴れなのでボートやコマセの準備をして磯に上がるまでに大汗をかく。これから涼しくなるはず?と思いながら仕掛けを作る。もちろん磯はがら空き(笑)でどこでも乗りたい放題。今日は久々の場所だ。
d0138246_2071842.jpg

今日も長ハリスに最初は0αで始める。海は割りとおだやかだが、結構透明度が高い。コマセを入れる前から子フグが磯のまわりをうろつく。サバカラーのフグだ。足が速いので結構やっかいだ。とりあえず、オキアミのみを撒く。かなりの子フグだ!
d0138246_20113372.jpg

今日は5キロしか持ってきてないので、肝心のマズメまで足りるか心配になってきた。サシエも最初は生で開始。潮は右に流れ、磯を巻き込むように後方へ。ウキ下のマーカーがなかなか落ちず、仕掛けのなじみがよくない。早々にウキを穴径の大きい00に変更。G5を1個うってみる。今度はいい感じで入っていった。潮は遅いのでゆっくり仕掛けをかなり入れていったところで、穂先までのアタリ。30ぐらいの口太だ。この後はえさとりの活性が上がって生オキアミでは持たなくなったのでボイルにチェンジ。磯際にはフグ中心にかなりのエサトリがいるが、少し沖目に仕掛けを入れると相当流してもボイルは残る。あいかわらず深めのところにまともな魚はいないようだ。ハリスを細くすればグレももっと狙えるかもしれないが、あくまでマダイ狙いなので2号ハリス。4時半すぎまで延々と色々なパターンを試すが潮も状況も変わらない。気温はかなり下がって全く暑くないのは救いであったが、ごくまれにつれる口太か根魚以外、まともなアタリがない。
左からずっと吹いていた風が少し強くなってきた。潮は右方向だが、上潮に押されて潮に乗りにくくなってきたのでg7を2個追加して張り気味に。ゆっくりなじみ潮に乗って少し流したところで糸が張った。アタリだ。軽くあわせると重量感のある引きで沖に向かう。竿もたたかない。それほどの大きさではないがマダイか!と思い竿を大きく曲げて走りをとめる。2号ハリスを活かしてグングン寄せると竿下で急にゴンゴンとたたく。。黒い方のようだ。タモ入れしたのは45アップだった。馬力のあるいい引きで結構楽しめた。ハリを交換して再度投入すると、潮が当て気味に変わってきた。当て潮は仕掛けの張りに注意すれば釣れるので自分的にはイヤではない。予想とおりチヌは活性が上がってきたようで、ハリ気味にした仕掛けにポツポツとあたる。しかし型が小さいのが少し残念だ。今年の輪島界隈はチヌの型、数ともなんか不調が続いている。
d0138246_20345361.jpg

時計は5時半をまわった。あて潮から左方向へと潮が変わってきた。コマセも少なくなってきている。とりあえず残りすくないコマセをピッチ上げて撒く。道糸はそこそこの速さで出て行っている。いい感じになったが少し時間が遅いか。もうすぐ6時。強めに張りを入れて仕掛けを浮かせようとしたとき、道糸が水面から持ち上がった。アタリだ!あわせると今年一番の重量感。何度か糸を出し、ようやく走りが弱まったので竿を絞る。だんだんと寄ってきた。突然、抵抗がなくなった。バラシだ。。。チモトでスパッと切れていた。結構近くまで寄せたので非常に残念だが、良いアタリがあっただけでも今年は感謝かも。ほどなく時間切れで終了。
夕マズメ狙いもなかなかいいかも。
d0138246_20423851.jpg

by fuka109 | 2013-07-21 20:44 | ふかせ釣り | Comments(0)